対馬野生生物保護センター

ホーム >> 報告書・資料・パンフレット >> 過去のセンター活動 >> センターの活動報告(2006年) >> 2006年9月の活動

2006年9月:センターの活動日誌・村山・阿比留

2006年9月の活動

台風・・・危機一発が、3発

投稿者:阿比留 投稿日:2006/09/19(Tue) 15:14 No.1137

 17日は、台風が、対馬に上陸です。仕事が終わり、家路に急ぎ車を走らせてると、
危機1.大雨 強風のせいで潮風が舞い上がり前がぜんぜん見えない状態になり恐怖を、感じた。危機2.崖の上からころころと石が落ちて来るのが見えたので、とっさにブレーキを踏み止まると車から1bぐらいのところに落ちました。石を見たらかなりの大きさにビックリです。気付かなかったら・・・どうなっていたか!!
危機3.1、2となんとか何事もなく進んで行くと、大雨になると必ず水が溢れる場所で、またもや洪水で溢れていました。まだ大丈夫だろうと車を走らせていたら左右の窓から水しぶきが見えたので思わずバックしていました。そこへセンターのMくんがきて、誘導してくれて無事わたれました。助かりました。有り難う。