対馬野生生物保護センター

ホーム >> 報告書・資料・パンフレット >> 過去のセンター活動 >> センターの活動報告(2006年) >> 2006年2月の活動

2006年2月:センターの活動日誌・村山・阿比留

2006年2月の活動

花粉が・・・

投稿者:阿比留 投稿日:2006/02/27(Mon) 22:05 No.942

 海鳥の油汚染の被害にあった鳥の保護に、力をかしてくださる皆さん毎日ご苦労様です。保護された鳥たち無事に自然にもどれる事を願っています。

私は、毎日、毎日、くしゃみ、鼻水、目のかゆみと闘っています。
明日もマスクをして、仕事に出ます。見苦しい姿で申し訳ないですが、花粉が終わるまでお許し下さいませ。

春はもうすぐ・・・

投稿者:阿比留 投稿日:2006/02/13(Mon) 23:30 No.932

 このところ大分気温も上がり春が、近づいて来たような気がします。しかし棹崎公園には、春を感じさせる花が、咲いていません。
昨年の今頃は、公園一面にヤブツバキが、咲いていたようですが今年はまだまだです。
先週は、佐護平野に、マナヅルの群が降り立ったようですが、残念ながら、私は休みの日だったためまだ目撃していません。
マナヅル・ナベヅルに逢えたら今年こそ撮影したいと思っています。楽しみです。

対州馬!

投稿者:村山 投稿日:2006/02/05(Sun) 16:33 No.923

金・土のお休みに対州馬に乗りに行ってきました。

かわいい、たのしい、いい子。調教師の長嶋さんの指導で見事に調教されている馬たちに乗せていただき、感無量でした。本当は金曜日だけの予定が、土曜日も行ってきました。毎日でも乗りたい位ですが、とりあえずそれは無理なので、毎週通う覚悟です(仕事が忙しくならない限り・・)。

目指せ!馬飛ばせの騎手。あ〜、病み付きです。指導付きで30分たったの1000円皆さまもぜひ。