対馬野生生物保護センター

ホーム >> 報告書・資料・パンフレット >> 過去のセンター活動 >> センターの活動報告(2005年) >> 2005年5月のヤマネコニュース

2005年5月6日(金)ツシマヤマネコの出産について

2005年5月ヤマネコニュース

福岡市動物園におけるツシマヤマネコの出産について(今年3回目)

投稿者:大林 投稿日:2005/05/06(Fri) 11:03 No.83

 ツシマヤマネコ保護増殖事業の一環として、福岡市動物園において飼育下繁殖に取り組んでいますが、本日、福岡市より、別添のとおり今年3度目の出産(*1)が確認されたことについて情報提供がありましたのでお知らせします。また4月24日に産まれました個体について、3頭の内1頭が5月2日衰弱死しました。これで今年産まれ、生存している個体は計5頭です。

 環境省としては、今後とも福岡市動物園等と協力して飼育下繁殖事業を推進していくとともに、対馬における生息環境保全、生息地改善にも努めていきたいと考えております。

*1) 今年度の出産に関しましては、残りの出産の可能性のある個体が出産予定日を大幅に過ぎているため、終了の可能性が高くなっております。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ツシマヤマネコの出産について(繁殖の報告)

都市整備局 公園緑地部 動物園

福岡市動物園が取り組んでいるツシマヤマネコ保護増殖事業において、今年3度目の繁殖をお知らせします。
ツシマヤマネコのメス(No.8)が、5月4日(水)の未明に仔ネコを1頭出産しました。
このメスは、平成17年2月下旬に交尾を確認しています。
No.8は、長崎県対馬で捕獲された野生個体で、平成12年の春に飼育下で初めて仔ネコを産んでからは、毎年出産しており、今回で6産目になります。
 なお、4月17日にNo.9が産んだ仔ネコ2頭は、その後もすくすく成長しています。また、4月24日にNo.13が産んだ仔ネコ3頭のうち、1頭は衰弱死しましたが、残る2頭は元気に育っています。
これで、福岡市動物園で飼育するツシマヤマネコの頭数は、今回生まれた1頭を合わせて全部で19頭になりました。

出産までの経過
(1)ペアリング(同居)平成17年2月25日〜3月2日
(2)交尾       平成17年2月26日
(3)出産       平成17年5月4日(最終交尾から68日目)
(4)産仔数      1頭