報道発表資料

2015年11月02日

"九州ありあけ故郷(ひのくに)の風景~雲仙岳百景Ⅱ~フォトコンテスト"の前期優秀作品の選定について(お知らせ)

環境省 九州地方環境事務所
国立公園課長 北橋 義明
雲仙自然保護官事務所 岸田 宗範
(TEL:0957-73-2423)

 平成26年度に国立公園「雲仙」指定80周年・島原半島世界ジオパーク認定5周年記念で実施した「島原半島の魅力~雲仙岳百景~フォトコンテスト」の流れを受け、テーマを九州ありあけ地域全体に拡げて展開中の「九州ありあけ故郷(ひのくに)の風景~雲仙岳百景Ⅱ~フォトコンテスト」。有明海沿岸に"ひのくに"があった古代以来、九州の"故郷の風景"であった"有明海と雲仙岳"の風景を再発見し、九州ありあけ地域のPR写真集を皆で作るプロジェクトです。
 この度、前期・中期・後期のうち前期(8~9月)に受け付けた応募作品から、優秀作品を選考委員会において選定しましたので、お知らせします。
 雲仙岳は、九州ありあけ地域を中心に、九州全県から眺望できます。中期の応募締切は11月末、後期の応募締切は1月末で、締切後は優秀作品の選考を行います。素敵な作品のご応募を引き続きお待ちしています。

1 応募受付・審査

9月30日までに、10名から19作品の応募あり。
雲仙天草国立公園のボランティア活動をされている"雲仙地域パークボランティア"による人気投票の結果を勘案し、選考委員会においてサブテーマごとに3作品を優秀作品として選定。

2 優秀作品

  1. サブテーマ① 平野・干潟(佐賀・福岡)と雲仙岳 ⇒ 別紙1 [PDF 3.3MB]
  2. サブテーマ② 阿蘇山と雲仙岳 ⇒ 別紙2 [PDF 5.2MB]
  3. サブテーマ③ 天草諸島と雲仙岳 ⇒ 別紙3 [PDF 1.8MB]

3 詳細に関する問い合わせ先

環境省雲仙自然保護官事務所(担当:岸田・瀬戸口)

住所:長崎県雲仙市小浜町雲仙320 TEL:0957-73-2423 FAX:0957-73-2587

E-mail:RO-UNZEN@env.go.jp


関連Webページ

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 九州地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
九州地域エネルギー・温暖化対策推進会議(リンク)
阿蘇草原再生プロジェクト(リンク)
エコアクション21(リンク)
EPO九州(リンク)
九州自然歩道ポータル(リンク)
ページ先頭へ