九州地方環境事務所

ここからメニュー ジャンプして本文へ

ここから本文 ジャンプしてメニューへ

TOPICS

九州地方環境事務所TOPICS>2010年度

【開催予定】平成22年度3R推進九州ブロック大会「リユースびんシンポジウム&展示会」開催について(開催概要版)

2010.10.14 九州地方環境事務所

 九州地方環境事務所では、鹿児島市内で11月13、14日に開催される「第12回かごしま環境フェア」にあわせ、九州地域のリユースシステム普及拡大を後押しするシンポジウムと展示会を開催し、「自分たちに出来ることは何か?」を参加者と一緒に考えます。

1.事業内容

(1)趣旨

 3R(廃棄物の発生抑制(Reduce)、再使用(Reuse)、再生利用(Recycle))に関する重要性について、市民、事業者、行政等に幅広く普及するため、毎年3R推進九州ブロック大会を開催しています。
 今年度は九州地域に根ざした産業である焼酎を中心としたびんのリユースに焦点をあて、リユースシステムの導入などを契機に3Rの推進を幅広い層に訴えかけるシンポジウムと展示会を開催することにより、ごみゼロ社会の実現や循環型社会の形成に向けて各主体における取組の一層の推進を図ることを目的とします。

(2)主催等

主催:
環境省九州地方環境事務所
共催:
鹿児島県酒造組合、鹿児島県卸売酒販組合、鹿児島県小売酒販組合連合会
後援(予定):
経済産業省九州経済産業局、鹿児島県、鹿児島市

(3)開催日及び会場

●リユースびんシンポジウム&パネルディスカッション(仮称)
かごしま環境フェアプレイベント(位置付けについては現在調整中)
開催日:
平成22年11月12日(金)13:30〜16:00
会場:
かごしま県民交流センター 屋内大Aホール(鹿児島市山下町14-50)
●展示会
開催日:
平成22年11月13日(土)〜14日(日)両日の10時〜16時
会場:
県政記念公園 屋外特設会場テント内(鹿児島市山下町)

(4)事業内容

[1]
リユースびんシンポジウム&パネルディスカッション
焼酎びんのリユースをはじめとするびんのリユース講演
事業者等の先進的な取組の事例発表(全国、九州地域)
[2]
展示会
特に鹿児島地域(奄美市の取組等)におけるリユースに関するパネル展示
酒造メーカー等における環境負荷低減対策の取組パネル
リユースびんの実物展示(試飲会の企画検討中)
ガラスびんの3Rに関する資料及びクイズ出題・グッズ配布等

(5)来場者目標

 2万人(参考:例年、かごしま環境フェアの参加者実績による)

2.実施方法

 第12回かごしま環境フェア運営事務局(鹿児島県地球温暖化防止活動推進センター)等の協力を得て、イベント運営を行う。更に鹿児島県酒造組合に協力を依頼し、関係者の参加協力を得ながらまた、一般参加者の多くの方にもリユースびんの存在を知ってもらう契機とする。
 当日のイベント運営においては、業務請負業者((株)三菱UFJリサーチ&コンサルタント)とする。
 ※詳細については、今後の調整等により変更する場合があります。

3.その他

 平成21年度「焼酎リユースびん推進会議」(学識経験者、酒造組合、酒販組合、びん商、消費者団体等の関係者で構成する会議)を設置して焼酎ボトルへのリユースびんの導入を推進しています。
 http://kyushu.env.go.jp/recycle/091110a.html
(九州地方環境事務所HP)
【同時期開催】平成22年度 自然公園ふれあい全国大会
 http://kyushu.env.go.jp/pre_2010/0916a.html
(九州地方環境事務所HP)

別添資料

 チラシ [PDF 320KB]

【問い合わせ先】
九州地方環境事務所
廃棄物・リサイクル対策課
電話:096-214-0328(直)
課長:澤田真信
担当:原慎一郎、竹田幸司