九州地方環境事務所

ここからメニュー ジャンプして本文へ

ここから本文 ジャンプしてメニューへ

報道発表資料

九州地方環境事務所報道発表資料>2010年度

【お知らせ】平成22年度 自然公園ふれあい全国大会シンポジウム再発見!〜地球の時間、生物の時間、人の時間〜の開催と参加者募集について

2010.09.14 九州地方環境事務所

 平成22年11月13日及び14日の両日にわたり、霧島屋久国立公園の鹿児島県域を舞台に「自然公園ふれあい全国大会」を開催します。その一環として、11月14日(日)に、かごしま県民交流センターにおいて「再発見!〜地球の時間、生物の時間、人の時間〜」をテーマにシンポジウムを開催します。
 シンポジウムには、水彩画家としても知られる俳優の榎木孝明さんをお迎えして、郷土鹿児島の美しい風景への思いを語っていただきます。また、「鹿児島の自然と歴史」と題して、大河ドラマ「篤姫」、「翔ぶが如く」の時代考証などでご活躍の原口泉さん(鹿児島大学教授)と、地域からの環境論を目指す「鹿児島環境学」を提唱して取り組んでいる小野寺浩さん(鹿児島大学学長補佐)との対談を行います。
 シンポジウムを通じて、錦江湾地域を中心とした鹿児島県の魅力的な自然、そこに生きる人々の暮らしや歴史を再発見し、自然と共生した地域づくりにつなげていくことを目指すものです。
 参加費は無料ですが、事前の申し込みが必要です。

1.目的

 霧島屋久国立公園、特に錦江湾地域を中心とした魅力的な自然、そこに共生する人々を通して郷土の誇り、心のよりどころとしての自然公園を再認識・再発見することにより、自然と共生した地域づくりにつなげていくことを目的に開催します。

2.日時、場所

 平成22年11月14日(日) 13:30〜16:30
 かごしま県民交流センター県民ホール(鹿児島市山下町14−50)

3.プログラム

1)
オープニング映像
霧島屋久国立公園(関係市町の魅力的な自然等を紹介)
2)
開会あいさつ
3)
オープニングトーク
テーマ:
鹿児島の風景
出演者:
榎木孝明氏(俳優)
4)
紹介映像
錦江湾等の地域と自然と文化の特色を紹介
5)
公開対談
テーマ:
鹿児島の自然と歴史
出演者:
小野寺浩氏(鹿児島大学学長補佐)
原口 泉氏(鹿児島大学教授)

4.参加申し込みについて

 下記いずれかの方法により必要事項記入のうえ、お申し込み下さい。定員になり次第、受付終了とさせていただきます。

1)申込方法

・E-mail:
fureai@09su.com
・Fax:
092-737-5884 ※申込用紙の様式は問いません。
・ハガキ:
〒810-0014 福岡県福岡市中央区大名1丁目10-6
シンポジウム事務局(株式会社マルクスインターナショナル福岡支社内)

2)記入必要事項

 ●氏名(ふりがな),●電話番号,●住所,●E-mailアドレス(E-mail応募の方)

複数名でご参加の場合は、ご氏名は人数分ご記入ください。電話番号・住所・E-mailアドレスは代表者の方のみで結構です。
E-mailと、専用申込用紙でないFAXの場合は、「シンポジウム参加希望」と明記お願いします。
ご応募いただいた方には「参加証」を送付しますので、当日ご持参ください。
応募者の個人情報は、本シンポジウムの実施に関わる業務以外に利用しません。

3)申込期間

 平成22年9月6日〜11月5日

4)お問い合わせ

 シンポジウム事務局(株式会社マルクスインターナショナル福岡支社内)
 TEL:092-737-5883(受付時間 平日9:00〜17:00)

5.参考ホームページ

 自然公園ふれあい全国大会シンポジウム
 http://www.env.go.jp/nature/info/fureai-t/index.html
 自然公園ふれあい全国大会
 http://fureai-taikai22.potika.net/
 霧島屋久国立公園
 http://www.env.go.jp/park/kirishima/index.html

<参考>

1)自然公園ふれあい全国大会について

 自然とのふれあいは、心身の健康を増進し、ゆとりある生活を実現するとともに、自然を大切にする心を育む上で極めて重要です。
 国立公園や国定公園をはじめとする自然公園は、我が国で最も美しく貴重な自然であり、毎年多数の人々がその自然に親しみふれあう国民共有の財産です。また、その傑出した風景美は、広く世界にも誇りうるものです。このような我が国を代表する自然を守り、次の世代へ引き継いでいくことは、現代に生きる私たちに課せられた使命です。
 自然公園ふれあい全国大会は、環境省が主唱する「自然に親しむ運動」の趣旨に則り、地域の環境保全や振興に資するエコツーリズムを推進し、自然と私たちの関係について考え、自然を守りながら人と自然との豊かなふれあいを推進するための祭典です。

2)テーマ「再発見!〜地球の時間、生物の時間、人の時間〜」について

 九州地方環境事務所では、平成23年3月の九州新幹線鹿児島ルート全線開通による利用動態の変化や、近年の歴史文化的資源への関心の高まり等の当該地域をとりまく社会経済的な背景を勘案しながら、魅力ある国立公園づくりを実現することを目的として、有識者と関係機関からなる懇談会の議論を踏まえ、国立公園錦江湾の基本理念と基本方針、具体的な取組みについてとりまとめた「霧島屋久国立公園錦江湾地域戦略的運営プログラム」を平成22年3月に策定しました。
 プログラムでは、錦江湾地域の我が国で随一の海域カルデラが形づくる美しく豊かな自然資源、歴史文化資源を最大限生かし、「地球の時間、生物の時間、人の時間」をキーワードとした個性ある強い拠点づくりに向け、新たな資源の洗い出しとそれに即した公園区域及び利用計画の見直しや、公園の施設整備、「歩き体感する」ための九州自然歩道の活用などを進めています。