報道発表資料

2021年11月12日

霧島錦江湾国立公園霧島地区パークボランティアの募集のお知らせ

 霧島錦江湾国立公園霧島地区における美化清掃や自然解説などの各種活動に参加協力いただけるパークボランティアを募集いたします。また、パークボランティア活動に興味がある方に向けて、パークボランティア制度や活動内容に関する事前説明会を実施します。

1.目的

 国立公園パークボランティアは、国立公園の適正な保護と利用の推進に寄与するボランティア活動を行う団体で、環境省が設置しています。

 霧島錦江湾国立公園霧島地区は、20数座にも及ぶ火山の連なり、山肌を彩るミヤマキリシマの群生、世界でここだけにしか咲かないノカイドウ、ヤイロチョウをはじめとする多くの野鳥等、豊かな自然に恵まれた地域であり、昭和9年に日本で最初に国立公園に指定されました。霧島地区パークボランティアは昭和60年に全国に先駆けて発足し、現在は25名が美化清掃や自然解説、ノカイドウ等の動植物の保全等の活動を行っています。

 今回、これらの活動の一層の充実を図るため、パークボランティアの募集を行います。

2.募集人数

20名程度

3.応募要件

①国立公園の保護や利用に関する理解が深く、精力的に活動に参加する意思があること。

②別添「霧島錦江湾国立公園霧島地区パークボランティア活動運営基本計画」の趣旨に賛同し、パークボランティア活動に年間3回以上参加できること。

③野外活動ができる健康と体力を有すること。

④令和4年4月1日時点で、満18歳以上であること。

⑤以下の養成研修会に参加できること。

 日時:令和4年1月8日(土)10時00分~12時00分

 場所:えびのエコミュージアムセンター 

 ※参加費無料。交通費は自己負担となります。

  駐車場はえびのエコミュージアムセンター駐車場をご利用ください。

  その際に「パークボランティア養成研修会に来ました」と料金所係員にお申してください。

4.応募方法

 別添「霧島地区パークボランティア応募用紙」を下記の応募先まで、郵送またはメールのいずれかの方法でご提出ください。

環境省えびの管理官事務所(担当:池田)   

〒889-4302 宮崎県えびの市末永1495-5
メール:RO-EBINO@env.go.jp

※応募用紙は以下の場所でも配布しております。

・環境省えびの管理官事務所(宮崎県えびの市末永1495-5)

・えびのエコミュージアムセンター(宮崎県えびの市末永1495-5)

・高千穂河原ビジターセンター(鹿児島県霧島市霧島田口2583-12)

※応募人数過多の場合は、書類審査による選考を行います。選考結果は令和4年1月14日(金)までに応募者全員に郵送にて通知します。なお選考結果についてのお問合せには応じられませんので、ご了承願います。

5.応募期間

令和3年11月12日(金)~令和3年12月24日(金) 必着

6.事前説明会

 パークボランティアに興味がある方、パークボランティアがどのような活動をしているのか知りたい方に向けて、事前説明会を以下のとおり行います。

※事前説明会への参加は応募の必須要件ではありません。

・日時:令和3年12月4日(土)14時00分~15時00分

・場所:えびのエコミュージアムセンター レクチャールーム

※参加費無料。ただし、交通費、駐車場料金は自己負担となります。

7.別添資料

応募用紙

霧島地区パークボランティア活動運営基本計画

応募・問合せ先
環境省えびの管理官事務所(担当:池田)
〒889-4302 宮崎県えびの市末永1495-5
TEL:0984-33-1108 FAX:0984-33-6160
メール:RO-EBINO@env.go.jp




Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

  • アクティブレンジャー日記 九州地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
地球温暖化に関する九州カンファレンス(リンク)
九州地域エネルギー・温暖化対策推進会議(リンク)
阿蘇草原再生プロジェクト(リンク)
エコアクション21(リンク)
EPO九州(リンク)
九州自然歩道ポータル(リンク)
ページ先頭へ