報道発表資料

2019年11月22日

対馬野生生物保護センターにおける4代目公開ツシマヤマネコの名前の決定について【11月22日】

環境省対馬野生生物保護センターにおいて、2019年11月2日(土)から飼育展示を開始したツシマヤマネコ1頭(No.71、オス、4歳)の名前を、「かなた」に決定したのでお知らせします。

1.展示個体の名前の募集と選考について

2019年11月2日(土)より対馬野生生物保護センターにおいて、4代目となるツシマヤマネコ1頭(No.71、オス、4歳)の飼育展示を開始しました。

また、同日より11月17日(日)まで、この個体の名前の募集を行った結果、合計307通の応募があり、対馬野生生物保護センター運営協議会(環境省、長崎県、対馬市で構成)で選考しました。

2.選考結果について

 応募者の名付け理由をもとに選考を行いました。選考の結果、名前を「かなた」に決定しました。307通のうち、「かなた」という名前の応募が2件ありました。

なお、応募者に係る情報は公表いたしません。

3.名付け理由の概要

(1)対馬の古代山城である金田城こと「かなたのき」から命名。

(2)福岡という「彼方(かなた)」から対馬に来た個体であること。この個体に興味関心をもってお客さんが日本中から、海の彼方(かなた)から沢山来ますようにという願いを込めて。

4.問合せ先

環境省対馬自然保護官事務所(℡:0920-84-5577、担当:山本、堺)

担当 

環境省

・九州地方環境事務所野生生物課

 課長         鑪 雅哉

・対馬自然保護官事務所

(対馬野生生物保護センター)

 上席自然保護官    山本 以智人

・対馬自然保護官事務所厳原事務室 

 自然保護官      永野 雄大



  • アクティブレンジャー日記 九州地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
地球温暖化に関する九州カンファレンス(リンク)
九州地域エネルギー・温暖化対策推進会議(リンク)
阿蘇草原再生プロジェクト(リンク)
エコアクション21(リンク)
EPO九州(リンク)
九州自然歩道ポータル(リンク)
ページ先頭へ