報道発表資料

2016年06月07日

国立公園「阿蘇」みらい創造懇談会の開催について

このたびの平成28 年熊本地震を受け、九州地方環境事務所では、国立公園である阿蘇地域の「創造的復興」に向けて、今後の環境省としての施策の基本となる考え方についてご意見を伺うことを目的として、有識者懇談会『国立公園「阿蘇」みらい創造懇談会』を設置し、第一回の懇談会を6月13 日(月)に開催します。

1.趣 旨

平成28 年熊本地震により、九州のシンボルである阿蘇は大きな被害を受けました。今後の国立公園「阿蘇」については、単なる被災施設の復旧に留まらず、生きている大地に学び、その魅力をしっかり体験すると同時に生物多様性の恵みにもこれまで以上に着目した「創造的復興」を行い、我が国が世界に誇る阿蘇の豊かな自然を
しっかりと次世代に継承していくことが大切だと考えています。
そこで、自然を保全・活用した、今後の阿蘇地域の創造的復興の方向性や希望となる提言をいただき、今後の環境省としての施策の参考とするため、有識者懇談会『国立公園「阿蘇」みらい創造懇談会』を設置することといたしました。

2.第一回懇談会

日時  6月13 日(月)15:00-16:30
会場  ホテルサンクラウン大阿蘇(熊本県阿蘇市一の宮町宮地4518-4)
※ 懇談会委員には、12 時30 分から15 時00 分にかけて、別添図のとおり現地視察を行い関係者の皆様からお話を伺います。

3.懇談会委員(7名予定)

池辺伸一郎(阿蘇火山博物館館長)
大津愛梨(O2 ファーム代表、九州バイオマスフォーラム副理事長)
小林寛子(東海大学経営学部観光ビジネス学科教授)
坂本正(阿蘇草原再生千年委員会会長)
坂元英俊(元阿蘇地域振興デザインセンター事務局長)
高橋佳孝(阿蘇草原再生協議会会長)
村田信一(熊本県特別顧問、前副知事)         50 音順
※ 現在、懇談会委員への就任を依頼中
※ オブザーバーとして、熊本県・大分県・阿蘇地域関係市町村も参加

4.スケジュール(予定)

6月13 日(月)  第一回懇談会(趣旨説明、影響調査概要説明、意見交換) 開催地:阿蘇市内
7月上旬  第二回懇談会(提言案の検討) 開催地:熊本市内
7月中頃  第三回懇談会(提言とりまとめ) 開催地:熊本市内

5.その他

・本懇談会については、前半の事務局説明までは公開、以後の意見交換部分につては非公開で行います。
・報道関係の方で懇談会のカメラ撮り、現地視察への同行をご希望の場合は、あらかじめ下記問い合わせ先まで連絡をお願いします。
・カメラ撮りに際しては、自社腕章を携帯していただくようお願いします。

添付資料

■ 問い合わせ先
環境省九州地方環境事務所国立公園課
電子メール:REO-KYUSHU@env.go.jp / FAX:096-322-2477
取材に関するお問い合わせ 電話:096-322-2412(二神・立岩)
地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 九州地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
九州地域エネルギー・温暖化対策推進会議(リンク)
阿蘇草原再生プロジェクト(リンク)
エコアクション21(リンク)
EPO九州(リンク)
九州自然歩道ポータル(リンク)
ページ先頭へ