報道発表資料

2016年12月27日

国立公園満喫プロジェクト「阿蘇くじゅう国立公園ステップアッププログラム2020」の策定について

日本の国立公園を、世界水準の「ナショナルパーク」としてインバウンド増を目指す「国立公園満喫プロジェクト」において、この度、具体的な取組を示すロードマップとして「阿蘇くじゅう国立公園ステップアッププログラム2020」を策定しましたのでお知らせします。

1.趣旨

環境省では、政府が本年3月30日にとりまとめた「明日の日本を支える観光ビジョン」に基づき、日本の国立公園を世界水準の「ナショナルパーク」としてのブランド化を図ることを目標に、2020年までに、訪日外国人を惹きつける上質な体験や大胆な利用拡大の取組を計画的、集中的に実施する「国立公園満喫プロジェクト」に取り組むことになりました。

阿蘇くじゅう国立公園は、その先導的モデルとなる8か所の国立公園のひとつに選定され、9月からこれまでの間、阿蘇くじゅう地域協議会において協議を進め、プロジェクトの具体的な取組を示すロードマップとして、この度、「阿蘇くじゅう国立公園ステップアッププログラム2020」を策定しました。

2.阿蘇くじゅう国立公園ステップアッププログラム2020の概要

<期間>

 平成28年度~平成32年度

<策定主体>

国立公園満喫プロジェクト 阿蘇くじゅう地域協議会

構成員:国、県、関係市町村、民間団体(計33人)

事務局:環境省九州地方環境事務所、熊本県、大分県

<目標>

2020年までに阿蘇くじゅう国立公園の訪日外国人来訪者数を2015年の2倍の140万人とすることを目指します。

<取組の方針>

・千年もの間、人の手で引き継がれてきた広大な草原空間の活用と保全

・火山と草原が造り出した大景観の力の体感

・自然の中で育まれてきた地域特有の文化、多様な温泉・湯治文化

・災害の体験を活かし、安全に楽しめる国立公園へ

・世界水準を目指した更なるブランド化

<推進体制>

  今後も阿蘇くじゅう地域協議会の体制を維持し、進捗状況等について評価・議論を行い、その結果をプログラムの改定や翌年度の取組に反映させていくこととします。

3.策定までの経緯

9月 1日 第1回協議会(趣旨説明、意見交換)

11月29日 第2回協議会(ステップアッププログラム2020案の検討)

12月16日 第3回協議会(ステップアッププログラム2020とりまとめ)

12月27日 ステップアッププログラム2020公表

添付資料

■ 問い合わせ先
環境省 九州地方環境事務所 国立公園課
課  長  北橋義明
課長補佐  二神紀彦
TEL 096-322-2412 / FAX 096-322-2445
地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 九州地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
九州地域エネルギー・温暖化対策推進会議(リンク)
阿蘇草原再生プロジェクト(リンク)
エコアクション21(リンク)
EPO九州(リンク)
九州自然歩道ポータル(リンク)
ページ先頭へ