報道発表資料

2014年10月03日

報道発表:平成26年度全国・自然歩道を歩こう月間行事 「霧島地域国立公園指定80周年記念・秋の大浪池を歩こう!」の開催について(お知らせ)

環境省 九州地方環境事務所
国立公園・保全整備課長 北橋義明
えびの自然保護官事務所 松本 晃
宮崎県えびの市末永1495-5
Tel:0984-33-1108 Fax:0984-33-6160

 環境省では、毎年10月の1ヶ月間を「全国・自然歩道を歩こう月間」とし、全国各地の自然歩道において、自然に親しみながら歩く行事を実施しています。
 この行事は多くの人々が自然や文化に恵まれた自然歩道を歩くことによって、自然への理解を深めることを目的としています。
 霧島錦江湾国立公園霧島地域においては、霧島地域が国立公園指定80周年を迎えたこともふまえながら、大浪池を周回する九州自然歩道を歩く行事を実施します。木々が色付き始める初秋の霧島の自然に触れる機会として、ぜひご参加ください。

1.名称

平成26年度全国・自然歩道を歩こう月間行事
「霧島地域国立公園指定80周年記念・秋の大浪池を歩こう!」

2.主催

九州地方環境事務所

3.共催

(一財)自然公園財団えびの支部

協力:
霧島地区パークボランティア
(霧島ボランティアレンジャー協議会)
後援:
霧島ジオパーク推進連絡協議会

4.概要

(1)開催日時:
平成26年10月18日(土) 8時30分~13時30分
(2)集合場所:
えびのエコミュージアムセンター 
※8:00より受付を開始します。
(3)募集定員:
20名(定員になり次第締め切ります)
(4)参加費:
300円(保険料等)+170円(公共バス料金)
※車でお越しの方は自然公園財団えびの支部が管理する
えびのエコミュージアムセンターの駐車場(乗用車一台500円)
をご利用下さい。
(5)持ち物:
弁当、水筒、雨具、行動食、山歩きに適した服装と靴、常備薬等
(6)行程:
えびのエコミュージアムセンター集合→大浪池登山口(公共バスで移動)→大浪池周回→韓国岳避難小屋(昼食)→県境登山口→えびのエコミュージアムセンター解散
(7)申込方法:
事前に電話でお申し込み下さい。
問合わせ:環境省えびの自然保護官事務所 TEL0984-33-1108
申し込み:(一財)自然公園財団えびの支部 TEL0984-33-3002
(8)備考:
小雨の場合は実施します。
荒天の場合は中止とし、当日の朝に電話でご連絡します。

(記録写真の使用について)
今回のプログラム中に撮影した写真をホームページやパンフレット等に使用させていただく場合があります。
(個人情報の取り扱いについて)
参加申し込みの際にいただいた個人情報につきましては本行事のみに使用いたします。
地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 九州地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
九州地域エネルギー・温暖化対策推進会議(リンク)
阿蘇草原再生プロジェクト(リンク)
エコアクション21(リンク)
EPO九州(リンク)
九州自然歩道ポータル(リンク)
ページ先頭へ