報道発表資料

2014年06月24日

報道発表:節電・省エネに関する「街頭キャンペーン」の実施について(お知らせ)

環境省九州地方環境事務所
環境対策課(直通:096-214-0332)
課長:阿久津 博志 
担当:永尾 眞介、古賀 靖

 九州地方環境事務所は、夏季の「節電・省エネ集中実施月間(7~9月)」開始日である7月1日(火)、関係行政機関及び九州電力株式会社等と連携し、北九州市、福岡市、熊本市、大分市において節電・省エネの街頭キャンペーンを実施します。

 平成26年5月16日に開催された政府の「電力需給に関する検討会合」において、「今夏の電力需給対策」が決定されました。
 今夏の九州電力管内の電力需給は、定着した節電(2010年度比▲9.2%)を加味し、東日本から初めて周波数変換装置を通じた電力融通を織り込んだうえで、電力の安定供給に最低限必要な予備率3%以上を確保できる見通しとなったものの、管内火力発電所のトラブル等の発生リスクもあることから、昨年度と比較しても予断を許さない状況です。
 このため、地域住民、事業者の皆様のご協力が必要不可欠であり、一層の節電・省エネの呼びかけと併せ、環境省が提唱する気候変動キャンペーン「Fun to Share」、スーパークールビズの周知を図り、節電・省エネ意識の向上や地球温暖化対策の取組を促進していくことを目的に、関係行政機関及び、九州電力株式会社等と連携し、下記のとおり街頭キャンペーンを実施します。

1 実施概要

日時:
7月1日(火)12:00~13:00
(1)
北九州市 小倉駅小倉城口 ペデストリアンデッキ2階
・参加機関 九州経済産業局、福岡県、北九州市、九州電力(株)、
北九州商工会議所
(2)
福岡市 新天町商店街 メルヘン広場前
・参加機関 九州地方環境事務所、九州経済産業局、福岡県、福岡市、
九州電力(株)、福岡県地球温暖化防止活動推進センター
(3)
熊本市 下通新天街 旧ダイエー前、ファインビル前
・参加機関 九州地方環境事務所、九州経済産業局、熊本県、熊本市、
九州電力(株)、熊本県地球温暖化防止活動推進センター
(4)
大分市 大分トキハ本店前
・参加機関 九州経済産業局、大分県、九州電力(株)
地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 九州地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
九州地域エネルギー・温暖化対策推進会議(リンク)
阿蘇草原再生プロジェクト(リンク)
エコアクション21(リンク)
EPO九州(リンク)
九州自然歩道ポータル(リンク)
ページ先頭へ