報道発表資料

2014年06月18日

報道発表:環境基本計画の点検にかかるシンポジウム(福岡会場)の開催について(お知らせ)

九州地方環境事務所

~「持続可能な社会の基盤となる国土づくり」を語る環境シンポジウム~

 環境省に設置している中央環境審議会では、政府の環境保全に関する施策をまとめた環境基本計画の進捗状況の点検を行っています。この一環として、環境省は、地域における環境保全に関する取組状況を把握することを目的として、シンポジウムを開催します。
このシンポジウムでは、地域の関係者の皆様から環境保全に関する取組状況について説明していただくとともに、今後の地域の環境保全の在り方について学識経験者、自治体等の関係者にご参加いただき、パネルディスカッションを行います。
 また、持続可能な社会を実現するためのヒントとなる環境保全の今後の在り方について、中央環境審議会委員により基調講演を行います。
 本年度は、九州地方のほか、東北地方(福島会場)、近畿地方(京都会場)において、同様に環境シンポジウムが開催されます。

1 開催日時・場所

日時:
平成26年7月17日(木) 13:30~16:00
会場:
JR博多シティ会議室10階ABCD
(〒812-0012 福岡県福岡市博多区博多駅中央街1番1号(JR博多駅直結))
http://www.jrhakatacity-eventspace.jp/meetingroom/index.html
(参考)案内チラシ[PDF 513KB]

2 参加方法・定員

 傍聴を希望される方は、下記のとおり[1]件名に「環境シンポジウム(福岡会場)傍聴希望」と記載し、[2]住所、[3]氏名、[4]連絡先、[5]職業、[6]年齢を明記の上、7月10日(木)までに九州地方環境事務所あて電子メール又FAXにてお申込みください。
案内チラシ[PDF 513KB]の裏面もご利用ください。

記載事項:
[1]
件名「環境シンポジウム(福岡会場)傍聴希望」
[2]
住所
[3]
氏名
[4]
連絡先電話番号(FAX番号)
[5]
職業
[6]
年齢
申込先:
九州地方環境事務所(E-mail: REO-KYUSHU@env.go.jp、FAX:096-214-0349)
定員:
100名(無料・先着順)

 傍聴希望者が定員を超えた場合には、傍聴いただけない場合がございます。傍聴いただけない方につきましては、事務局からその旨連絡いたします。
なお、傍聴者に対する受付済みの連絡及び入場証等の発行はいたしませんので、ご了承ください。

傍聴申し込みの際に御記入いただいた個人情報は、本シンポジウムの開催目的以外に使用することはありません。

3 進行予定

13:30 開会
ア 基調講演
  • 小澤 紀美子 東京学芸大学名誉教授(中央環境審議会委員)
イ 事例報告
  • 福岡県 環境部 環境政策課 課長 山下 稔 氏
  • 北九州市立大学 国際環境工学部 建築デザイン学科
    教授 デワンカー・バート・ジュリエン(Bart Julien Dewancker) 氏
    (NPO法人北九州ビオトープネットワーク研究会 理事長)
  • 公益財団法人 阿蘇グリーンストック  専務理事 桐原 章 氏
  • 一般社団法人 小浜温泉エネルギー 事務局員 山東 晃大 氏
ウ パネルディスカッション
  • パネラー:中央環境審議会委員(3名)及び事例報告者
エ 傍聴者との質疑
16:00 閉会

4 お問い合わせ先

九州地方環境事務所 環境対策課(担当:足立・古賀)
〒862-0913 熊本市東区尾ノ上1-6-22
TEL:096-214-0332 FAX:096-214-0349
E-mail:REO-KYUSHU@env.go.jp

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 九州地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
九州地域エネルギー・温暖化対策推進会議(リンク)
阿蘇草原再生プロジェクト(リンク)
エコアクション21(リンク)
EPO九州(リンク)
九州自然歩道ポータル(リンク)
ページ先頭へ