報道発表資料

2014年05月23日

報道発表:九州エコフェア2014「九州地方環境事務所協賛 地球温暖化対策セミナー」の開催について(お知らせ)

環境省九州地方環境事務所

 昨年秋に公表された気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書第1作業部会報告書によると、気候システムの温暖化は疑う余地がなく、今世紀末までに世界平均気温は最大4.8℃上昇すると予測されました。さらに、二酸化炭素の累積排出量と地表面の平均気温の変化はほぼ比例関係にあり、早い年代でより多く排出されると、その後はより多くの排出削減が必要となることが新知見として示されています。
 また、IPCC第5次評価報告書第2作業部会報告書においても、温暖化の進行がより早く、大きくなると、適応の限界を超える可能性があるが、政治的、社会的、経済的、技術的システムの変革により、効果的な適応策(※1)を講じ、緩和策をあわせて促進することにより、レジリエントな社会の実現と持続可能な開発が促進されるとしています。
 これらを踏まえ、「九州エコフェア2014」において、地域、企業、市民の方が様々な地球温暖化対策に取り組む際の参考となる「環境省九州地方環境事務所協賛 地球温暖化対策セミナー」を開催します。みなさまのご参加をお待ちしています。

1.開催日時・場所

日時:
平成26年6月19日(木)12時30分~16時
会場:
福岡国際センター2階特設ステージ(福岡市博多区築港本町2-2)
(九州エコフェア2014開催概要)
 
会期:
平成26年6月18日(水)~19日(木)10時~17時
開催テーマ:
「九州からの発信 - ここに未来へのヒントがある!」
~再生可能、次世代エネルギーがもたらす 明日のビジネスと暮らし~
http://www.noma.or.jp/show/eco_kyushu/index.html

2.セミナープログラム及びスケジュール

各講演の時間、内容等は変更になる可能性があります。あらかじめご了承願います。

時間 セミナー概要
12時00分~ 受付
EF-D1『身近な生活にも温暖化の影響が。安心・安全な未来をつくるためのヒント』
12時30分~ 「温暖化による影響とその適応策-IPCCの最新の知見から九州への影響を考える-」
IPCC AR5、S-8(※2)研究(総括)の紹介、簡易推計ツール・九州沖縄エリアの影響評価解説等
講演者 (独)国立環境研究所社会環境システム研究センター 
環境都市システム研究室 室長 肱岡 靖明 氏
13時20分~ 「気候変動への2つの対策(緩和と適応)、地域・企業・市民の実践ガイド」
S-8研究(地域班)の紹介、緩和策と適応策の基礎知識、自治体や事業者等の取組事例、適応策に取り組むためのポイント等
講演者 法政大学地域研究センター  特任教授 白井 信雄 氏
14時00分~ 「気候変動下における大規模土砂災害への対応~スマートフォンを活用した深層崩壊の警戒対応~」
防災・水資源関連の適応策事例、スマートフォンを活用した深層崩壊発生予測手法等の紹介
講演者 鹿児島大学農学部 教授 地頭薗 隆 氏
14時20分~ 受付
EF-D2『地域の企業が地域を守る!地球温暖化対策を通じた地域貢献ビジネスのかたち』
14時40分~ 「みんなで楽しむ、故郷を元気に~カーボン・オフセットの新しい形~」
地球温暖化対策の動向、カーボン・オフセット等
講演者 環境省地球環境局地球温暖化対策課市場メカニズム室
14時55分~ 「設備投資や森林管理で環境価値の創造を~J-クレジット制度等について~」
 J-クレジット制度、経済産業省のカーボン・オフセットの取組(どんぐりポイント制度)」の紹介
講演者 経済産業省九州経済産業局資源エネルギー環境部環境対策課
課長補佐 武田 裕子 氏
15時10分~ 「『カーボン・オフセット』スタートガイド」
カーボン・オフセットの基礎知識、動向等、取り組み方の解説
講演者 カーボン・オフセットフォーラム事務局  秋山 奈々子 氏
15時25分~ 「九州エコライフポイントと連携した”九州まるごとCO2削減&オフセット”」
平成25年度特定地域協議会活動内容紹介、エコライフポイント等の紹介
講演者 九州地域カーボン・オフセット推進協議会事務局 三浦 逸朗 氏
15時40分~ 「有明海“ムツゴロウ”の生活が、森づくりと地場産品の購入で守られることを御存じですか?」
平成25年度特定地域協議会活動紹介
講演者  有明海関係県地域カーボン・オフセット推進ネットワーク代表
北御門 隆裕 氏

「~私たちはどれだけ子供たちに自然を残せるのだろう ~
カーボン・オフセットで 「長崎の森林」を守ります。」
「長崎県日本伝統建築を支える森とヤベホーム注文住宅のカーボン・オフセット~商品を購入した消費者の日常生活から排出されるCO2のオフセット~」
講演者 ヤベホーム株式会社代表取締役
ながさきカーボン・オフセット推進協議会  会長 矢部 福徳 氏

※1
適応策とは、気候変動がもたらす水資源、食料、生物多様性等への様々な影響に対して人や社会、経済のシステムを再構築することで影響を軽減しようという対策のこと。
緩和策とは、省エネルギーや再生可能エネルギー導入等による温室効果ガスの排出削減や森林等の吸収源の増加などで気候に対する人為的影響を抑制する対策のこと。
(出典)
気候変動の観測・予測及び影響評価統合レポート『日本の気候変動とその影響』(2012年度版)、2013年、環境省他
※2
環境省環境研究総合推進費「S-8 温暖化影響評価・適応政策に関する総合的研究」

3.申込方法

「九州エコフェア2014」ウェブサイトの参加申込フォーム又はFAXにより、一般社団法人日本経営協会九州支部へ直接お申込みください。

■申込先
一般社団法人日本経営協会 九州本部
WEB:http://www.noma.or.jp/show/eco_kyushu/seminar/index.html
TEL:092-431-3365  FAX:092-431-3367
■申込期限
WEB:平成26年6月16日(月) 午前10時
FAX:平成26年6月12日(木)

4.参考

地球温暖化の科学的知見、適応策の情報
http://www.env.go.jp/earth/ondanka/knowledge.html
カーボン・オフセットの情報
http://www.env.go.jp/earth/ondanka/mechanism/carbon_offset.html
地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 九州地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
九州地域エネルギー・温暖化対策推進会議(リンク)
阿蘇草原再生プロジェクト(リンク)
エコアクション21(リンク)
EPO九州(リンク)
九州自然歩道ポータル(リンク)
ページ先頭へ