報道発表資料

2014年04月30日

報道発表:【資料案内】―国立公園「雲仙」指定80周年&島原半島世界ジオパーク認定5周年記念―「島原半島世界ジオパークに関する子供向け普及啓発資料"わくわく!島原半島探検隊"」についてのお知らせ

環境省 九州地方環境事務所
国立公園・保全整備課長 北橋 義明
雲仙自然保護官事務所 岸田 宗範
(TEL:0957-73-2423)

 昭和9年に日本初の国立公園に指定された雲仙(雲仙天草国立公園雲仙地域)は、本年3月16日に指定80周年を迎えました。雲仙の国立公園は、島原半島中央にそびえる雲仙岳を中心に、島原市・雲仙市・南島原市の3市にまたがって指定されています。また、国立公園を核として設置された島原半島ジオパークは、平成21年に国内初の世界ジオパークに認定され、昨年9月には再認定を受け、本年8月には認定5周年を迎えます。
 九州地方環境事務所では、これらを記念した取組として、国立公園とジオパークの連携事業(正式名称:ジオパークと連携した地形・地質の保全活用推進事業)を活用し、島原半島世界ジオパークの魅力を子供に伝える普及啓発資料"わくわく!島原半島探検隊"を作成しましたので、お知らせします。

1.資料名称

国立公園「雲仙」指定80周年及び島原半島世界ジオパーク認定5周年記念
島原半島世界ジオパークに関する子供向け普及啓発資料
"わくわく!島原半島探検隊"(No.1~5)

2.資料内容(詳細は別紙ご参照)

 昨年9月の世界ジオパーク再認定の際の指摘事項にあった、「ジオパークが、地域の持続的発展を促し、また地域社会、自然、災害との間にある繋がりを理解するためのツールであることを、地域住民に普及」させるようにとのコメントを受け、まずは地域の将来を担う子供たちがジオパークの魅力を理解できるような資料を目指しました。作成にあたっては、島原半島ジオパーク協議会事務局をはじめ、島原半島観光連盟事務局、3市、関係観光協会等の協力を得て内容を検討しました。概ね小学校中学年以上が理解できるような5編構成のマンガとし、島原半島ジオパークの公式キャラクターであるジーオくん・ジーナちゃんが半島内を探検するストーリーを通して、火山活動によって豊かな島原半島が形成されたことが順を追って理解できるように工夫しています。今回、ウェブ公開するとともに、今後ビジターセンター等での配布を開始します。
 本年度は、同事業の一環として、大人向けの普及啓発資料の作成やビジターセンターでのジオパーク展示コーナーの設置を進めていく予定です。

3.詳細に関する問い合わせ先

環境省雲仙自然保護官事務所(担当:岸田)
住所:長崎県雲仙市小浜町雲仙320 TEL:0957- 73-2423 FAX:0957-73-2587
E-mail:MUNENORI_KISHIDA@env.go.jp

4.資料

雲仙記者発表別紙[PDF 554KB]

普及啓発資料"わくわく!島原半島探検隊"
PDFファイル ダウンロードコーナー


  • No.1 島原半島は島だった!の巻 【島原半島ジオパーク全体の紹介】
  • No.2 はじめ、島原半島は黒くて小さな島だった!の巻 【南島原市の代表的ジオサイトの紹介】
  • No.3 雲仙地獄は不思議がいっぱい!の巻 【雲仙市の代表的ジオサイトの紹介】
  • No.4 九十九島は眉山からやってきた!の巻 【島原市の代表的ジオサイトの紹介】
  • No.5 十湯十色?島原半島は温泉いっぱい!の巻 【3市横断の温泉関連ジオサイトの紹介】

No.1 No.2 No.3 No.4 No.5
No1.

【プレゼン用】
[PDF 12.3MB]

【配布用】[PDF 13.3MB]

No2.

【プレゼン用】
[PDF 16.6MB]

【配布用】[PDF 18.2MB]

No3.

【プレゼン用】
[PDF 15.5MB]

【配布用】[PDF 15.4MB]

No4.

【プレゼン用】
[PDF 23.6MB]

【配布用】[PDF 24.0MB]

No5.

【プレゼン用】
[PDF 21.8MB]

【配布用】[PDF 54.6MB]

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 九州地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
九州地域エネルギー・温暖化対策推進会議(リンク)
阿蘇草原再生プロジェクト(リンク)
エコアクション21(リンク)
EPO九州(リンク)
九州自然歩道ポータル(リンク)
ページ先頭へ