報道発表資料

2013年10月02日

報道発表:屋久島世界自然遺産登録20周年記念シンポジウム in 東京について

環境省九州地方環境事務所

平成25年は屋久島が世界自然遺産に登録されて20周年を迎えますが、世界遺産登録は、観光産業の発達や人口減少の抑止など地域振興に大きな成果を与えた一方で、世界遺産の核心地である山岳部での利用集中に伴う様々な課題が残されています。
登録20周年を契機として島内外の有識者が会し、この20年間の屋久島での環境保全施策の歩みを検証するとともに、屋久島の人々の伝統的な山との接し方や利用動態に関する研究成果等を踏まえ、世界自然遺産の島・屋久島における山岳部利用のあるべき姿について展望するため、シンポジウムを開催します。

内容

主催

環境省九州地方環境事務所

共催

林野庁九州森林管理局、屋久島世界自然遺産登録20周年記念事業実行委員会(鹿児島県、屋久島町、屋久島環境文化財団)

日時

平成25年10月20日(日)13:30-16:30

場所

東京大学農学部 弥生講堂(〒113-8657 東京都文京区弥生1-1-1 東京大学農学部内)

参加費無料、事前参加申し込み先

申込代表者の氏名、申込人数、ご住所、電話番号を明記の上、下記までお申し込み下さい。
(一般社団法人)日本森林技術協会 担当:篠原・佐藤  TEL:03-3261-5442 FAX:03-3261-3840
e-mail : sato-r@jafta.or.jp

チラシ(申込書)  [PDF 1,202KB]

シンポジウムのテーマ

「世界自然遺産・屋久島の未来」
~山岳部の環境保全と利用の問題から屋久島の将来を考える~

I部 基調報告のテーマ

●『屋久島世界遺産20周年の歩み~遺産登録の効果と残された課題~』
屋久島自然保護官事務所 加藤倫之 自然保護官
●『屋久島・岳参りの復活』
宮之浦岳参り伝承会 中川正二郎
●『世界遺産登録後の屋久島の利用動向』
国立歴史民俗博物館 柴崎茂光 准教授

II部 パネルディスカッション『島外からみた世界遺産の島・屋久島への期待』

●コーディネーター
土屋俊幸
東京農工大学大学院 教授
●パネリスト 
荒木耕治
屋久島町長
柴崎茂光
国立歴史民族博物館 准教授
中川正二郎
宮之浦岳参り伝承会
鯨本あつこ
離島経済新聞社 代表
寺崎竜雄
公益財団法人 日本交通公社 理事
神谷有二
山と溪谷社 Yamakei Online部

取材に関する問い合わせ先(事務局)

【参加申し込みについて】

日本森林技術協会 担当:篠原、佐藤
TEL 03-3261-5442 FAX 03-3261-3840
Mail sato-r@jafta.or.jp

【シンポジウムの内容等について】

九州地方環境事務所 国立公園・保全整備課 担当:北橋、瀧口
〒862-0913 熊本県熊本市東区尾ノ上1丁目6番22号
TEL 096-214-0336  FAX 096-214-0350

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 九州地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
九州地域エネルギー・温暖化対策推進会議(リンク)
阿蘇草原再生プロジェクト(リンク)
エコアクション21(リンク)
EPO九州(リンク)
九州自然歩道ポータル(リンク)
ページ先頭へ