報道発表資料

2013年01月24日

報道発表: 荒尾干潟のワイズユースを考えるシンポジウムの開催について(お知らせ)

九州地方環境事務所

 荒尾干潟がラムサール条約湿地に登録されて、今後荒尾干潟をどう保全し利活用していくかを考えるシンポジウムを、平成25年2月2日に荒尾市で開催します。

 渡り鳥の重要な越冬地・中継地である荒尾干潟が、2012年7月3日、「国際的に重要な湿地」としてラムサール条約湿地に登録されました。
 ラムサール条約の基本理念は、湿地の「保全」と「賢明な利用(ワイズユース)」です。世界に認められた荒尾干潟をどう守っていくか、どのようにワイズユースするか、市民のみなさんの知恵と参加が求められています。
 今回、荒尾干潟のワイズユースを考えるシンポジウムを、国際法と干潟の専門家、条約湿地でワイズユースを実践する北海道と沖縄の代表をお招きして講演頂くとともに、地元「荒尾干潟保全・賢明な利活用協議会」のみなさんといっしょに、これからの荒尾干潟のあり方を話しあいます。
 なお、2月2日はラムサール条約が1971年2月2日に採択されたことを記念して「世界湿地の日」となっています。

1.日時 

平成25年2月2日(土) 午後1時~午後4時30分

2.場所

シティホール (荒尾市緑ヶ丘1-1-1 あらおシティモール2階)

3.主催

環境省九州地方環境事務所、荒尾干潟保全・賢明利活用協議会

4.協力

ラムサールセンター

5.参加方法

事前申し込み不要、入場無料

6.定員

200名

※内容については別紙参照

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 九州地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
九州地域エネルギー・温暖化対策推進会議(リンク)
阿蘇草原再生プロジェクト(リンク)
エコアクション21(リンク)
EPO九州(リンク)
九州自然歩道ポータル(リンク)
ページ先頭へ