報道発表資料

2012年09月18日

九州地区アクティブ ・ レンジャー写真展の期間延長のお知らせ

九州地方環境事務所

 環境省では、国立公園などの豊かな自然環境の保全を進めるため、自然保護官の補佐としてアクティブ ・ レンジャーを配置しており、九州地区では6地域に計9名を配置しています。
 各地域の美しい自然や現在生じている問題、自然環境保全の活動などを広く知っていただくため、昨年12月からアクティブ ・ レンジャーが日常の業務の中で撮影した写真の展示会を開催してきましたが、好評につき来年3月まで期間延長することとなりました。これまで展示してきたビジターセンターとは別の公共施設等にて展示しますので、ぜひ足をお運びください。

1.名称

九州地区アクティブ ・ レンジャー写真展

2.主催

九州地方環境事務所

3.概要

1)趣旨 :
多くの方々に九州を代表する自然の風景地およびその現状を知っていただき、その保全の重要性を理解していただくもの。
2)展示スケジュール :
平成24年9月14日(金)~平成25年3月21日(木)

なお、下記のとおり各会場を巡回して実施します。

Ⅰ)
高千穂河原パークサービスセンター
平成24年9月14日(金)~10月15日(月)
Ⅱ)
第18回九重ふるさと祭り会場(九重町保健福祉センター内)
10月20日(土)~10月21日(日)
九重町役場
10月22日(月)~11月2日(金)
Ⅲ)
自然公園財団阿蘇支部
11月9日(金)~11月25日(日)
Ⅳ)
雲仙災害記念館
12月1日(土)~12月25日(火)
Ⅴ)
対馬市交流センター
平成25年1月8日(火)~1月22日(火)
Ⅵ)
屋久島環境文化センター
2月22日(金)~3月7日(木)
Ⅶ)
屋久杉自然館
3月8日(金)~3月21日(木)
※上記スケジュールは現時点での予定であり、期間、場所等が変更になることもあります。
3)内容 :
写真30枚(6地域各5枚)
・ 各地域の美しい自然風景
・ 各地域の現状や課題
・ 自然環境保全のための取り組み等
・ 6地域の代表的な風景の写真を展示し、どこかを当てるクイズを実施
4)問い合わせ先 :
九州地方環境事務所 国立公園 ・ 保全整備課
担当 岸田 ・ 渡邊
電話 096-214-0336
アクティブ ・ レンジャーとは、国立公園や希少野生生物の現地管理業務を行う環境省の自然保護官(レンジャーといわれる)の補佐役。パトロールや利用者指導、調査研究、自然解説など、主として野外の現場業務を担う。九州管内では、阿蘇自然環境事務所の他、くじゅう、雲仙、対馬、えびの、屋久島にある自然保護官事務所に配置。
地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 九州地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
九州地域エネルギー・温暖化対策推進会議(リンク)
阿蘇草原再生プロジェクト(リンク)
エコアクション21(リンク)
EPO九州(リンク)
九州自然歩道ポータル(リンク)
ページ先頭へ