九州・沖縄地域における再生可能エネルギー導入に向けた資金調達の状況

九州・沖縄地域における再生可能エネルギー導入に向けた資金調達の状況

1 背景・経緯

 FIT制度の導入や「革新的エネルギー・環境戦略」(平成24年9月)におけるグリーンエネルギーの促進を背景に、環境省では地域主導による再生可能エネルギーの導入を促進しています。
 また、環境省では「持続可能な社会の形成に向けた金融行動原則(21世紀金融行動原則)」(平成23年10月)や金融機関の取組ガイドラインをとりまとめています。この行動原則に署名した金融機関等において、再生可能エネルギー等の新たな資金需要に対する融資の活発化が望まれます。
 以上を踏まえ、九州地方環境事務所では、市民発(協議会等)の事業計画に係る融資円滑化を目的とした調査を行いました。

2 調査概要

  1. (1)再生可能エネルギーの導入における資金調達に関する調査
    • ・アンケート調査(地方銀行、信用金庫、JA)
    • ・先進事例及び再生可能エネルギー事業実施者ヒアリング調査
      (金融機関、自治体、事業者)
  2. (2)資金調達に関する情報の整理及び公表
Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 九州地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
地球温暖化に関する九州カンファレンス(リンク)
九州地域エネルギー・温暖化対策推進会議(リンク)
阿蘇草原再生プロジェクト(リンク)
エコアクション21(リンク)
EPO九州(リンク)
九州自然歩道ポータル(リンク)
ページ先頭へ