平成22年度 江津湖くまもと湧水デジタル写真コンクール入賞・入選作品

平成22年度 江津湖くまもと湧水デジタル写真コンクール入賞・入選作品

○はじめに

 熊本市地域は、「平成の名水百選」(平成20年選定)に選定された江津湖をはじめとする多くの湧水がある質の高い豊かな水環境を有しており、上水道のほとんどを地下水で賄う国内でも希少な地域です。また、江津湖は、希少種が生息する湖沼や湧水池の一つとして重要湿地(全国500箇所)にも選定される等、生物多様性を支える良質な陸水生態系及び都市生態系が形成されています。このように江津湖はとりわけ素晴らしい生態系と豊かな水資源を有していながら、市民の憩いの場としても子供からお年寄りまで広く親しまれています。この親しみと愛着のある自然は、今の私たちの財産であると同時に未来の人達の財産でもあります。この素晴らしい財産をもっとより良い状態にして未来へつなげていくことが私たちの務めですが、今の江津湖の素晴らしさも後世に伝えることも同じく重要なことと考えております。
 そこで今回、「江津湖の今」を記録する端緒として「平成22年度江津湖くまもと湧水デジタル写真コンクール」を開催いたしました。入賞・入選作品をご覧いただき、郷土の自然をもう一度、見直すきっかけになれば幸いです。

○作品を閲覧するまえにお読みください

  • ・ 下線がある部分をクリックすると作品を見ることができます。
  • ・ 作品の著作権は九州地方環境事務所が所有しています。無断転用・転載等はご遠慮ください。
  • ・ 作品の画像データ及び写真パネルの無償貸出を行っています。貸出の際には手続が必要となりますので、環境対策課(096-214-0332)までお問い合わせください。

○入賞・入選作品

・デシタル写真部門(一般の部)

入賞、熊本県賞(特別賞)
「水前寺もやし」:木下 保之(きのした やすゆき)(熊本県熊本市在住)[JPG 55KB]
入賞、熊本市賞(特別賞)
「どんかっちょ」:林田 創(はやしだ はじめ)(福岡県福岡市在住)[JPG 52KB]
入選
「A portion of everything」:Ahmed Khandaker Ahtesham(熊本県熊本市在住)[JPG 39KB]
入選
「雪の湖畔」:三浦 美智雄(みうら みちお)(熊本県熊本市在住)[JPG 35KB]
入選
「江津湖だいすき」:高田 祥光(たかた よしみつ)(熊本県熊本市在住)[JPG 43KB]

・デシタル写真部門(ジュニアの部(高校生以下))

入賞、九州地方環境事務所長賞(特別賞)
「家族」:土屋 奈津美(つちや なつみ)(熊本県宇城市在住)[JPG 56KB]
入賞
「霧中で朝練」:近藤 翔太(こんどう しょうた)(福岡県久留米市在住)[JPG 29KB]
入選
「カニのたそがれ」:原 成美(はら なるみ)(熊本県熊本市在住)[JPG 53KB]
入選
「輝き」:津山 希(つやま のぞみ)(熊本県熊本市在住)[JPG 82KB]
入選
「初めて見る屋形船」:伊津野 友哉(いづの ともや)(熊本県天草市在住)[JPG 40KB]

・携帯写真部門(区分なし)

入賞、審査委員長賞(特別賞)
「午後の優越」:藤田 仁美(ふじた ひとみ)(熊本県熊本市在住)[JPG 114KB]
入賞
「江津湖」:西田 早希(にしだ さき)(熊本県熊本市在住)[JPG 142KB]
入選
「湖の夜明け」:米村 登貴子(よねむら ときこ)(熊本県上益城郡在住)[JPG 642KB]
入選
「朝の江津湖 中ノ島公園」:江上 裕子(えがみ ゆうこ)(熊本県熊本市在住)[JPG 25KB]
入選
「美しい水と景色」:山岡 千恵(やまおか ちえ)(熊本県熊本市在住)[JPG 21KB]

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 九州地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
地球温暖化に関する九州カンファレンス(リンク)
九州地域エネルギー・温暖化対策推進会議(リンク)
阿蘇草原再生プロジェクト(リンク)
エコアクション21(リンク)
EPO九州(リンク)
九州自然歩道ポータル(リンク)
ページ先頭へ