本文へジャンプ

対馬野生生物保護センター

ホーム >> ツシマヤマネコについて >> ツシマヤマネコとは

ここから本文

ツシマヤマネコとは

ツシマヤマネコ
  • ツシマヤマネコは、対馬だけに生息する野生のネコで、約10万年前に当時陸続きだった大陸から渡ってきたと考えられ、ベンガルヤマネコの亜種とされています。
  • 環境省が発表したレッドリストにおいては、「絶滅危惧TA類」とされ、最も絶滅のおそれが高い種の1つで、沖縄県の西表島に生息するイリオモテヤマネコ(絶滅危惧TA類に指定)同様、危機的状況におかれています。
  • イエネコと同じくらいまたは一回り大きく、胴長短足、耳のうしろに白い斑点がある、尾が太くて長いなどの特徴があります。
  • 生息環境の悪化や、交通事故などで生息数が減少したため、1971年には国の天然記念物に、1994年には国内希少野生動植物種に指定されました。現在、自然状態で安定的に生息できることを目指し、保護および増殖のための事業が実施されています。