九州地方環境事務所

ここからメニュー ジャンプして本文へ

ここから本文 ジャンプしてメニューへ

報道発表資料

九州地方環境事務所報道発表資料>2010年度

【お知らせ】生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)開催に伴う九州地方環境事務所の取り組みについて

2010.10.15 九州地方環境事務所

 10月18日からの生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)の開催に当たり、九州地方環境事務所では、九州地方の生物多様性の現状、その保全と持続可能な利用の実現を目指した取り組みについて、国内外に広く発信することとしています。
 COP10会議場に隣接する会場では「生物多様性交流フェア」が開催され、会議参加者はもとより一般の方の参加の下生物多様性をテーマとした国際的な発表・交流展示が行われますが、九州地方環境事務所では、その中で「阿蘇の希少植物と草原再生」「屋久島の世界自然遺産管理」「ツシマヤマネコの保護増殖事業」について、担当自然保護官によるプレゼンテーションを行います。
 また、九州の生物多様性と九州各地での保全活動を紹介するため作成したパンフレット「九州の生物多様性」(日英併記)を、生物多様性交流フェアにおいて配布いたします。
 加えて、九州・沖縄のいきものの今を、ホームページで紹介する「九州・沖縄いきものリレー」も実施中です。

1 自然保護官による九州の生物多様性の紹介について

○会場

愛知県名古屋市熱田区白鳥公園
「生物多様性フェア会場・環境省自然環境局ブース」

○日程

[1]テーマ
「いのち輝く阿蘇の草原を未来へ!」
 日時(予定) 10月
19日(火)
12:00〜12:30、16:00〜16:30
20日(水)
10:30〜11:00、14:00〜14:30
21日(木)
12:00〜12:30、15:00〜15:30
[2]テーマ
「屋久島の世界自然遺産管理」
 日時(予定) 10月
23日(土)
10:00〜10:30、14:00〜14:30
24日(日)
10:00〜10:30、11:30〜12:00、14:00〜14:30
25日(月)
10:30〜11:00
[3]テーマ
「ツシマヤマネコの保護増殖事業」
 日時(予定) 10月
27日(水)
13:30〜14:00、14:30〜15:00
28日(木)
10:00〜10:30、16:00〜16:30
29日(金)
10:00〜10:30、11:30〜12:00、13:00〜13:30、14:30〜15:00

2 パンフレット「九州の生物多様性」について

九州の生物多様性と、その保全活動の事例とを併せて、日本語と英語の併記で紹介するパンフレットです。(別添参照 [PDF 48KB])

○パンフレットの内容

九州の生物多様性
生物多様性の保全に関する地域
九州地方における生物多様性の保全活動の事例
干潟生態系(今津干潟・福岡県)
湿原生態系(樫原湿原・佐賀県)
里地里山(ツシマヤマネコ・長崎県)
草地生態系(阿蘇・熊本県)
希少種(ゴイシツバメシジミ・熊本県)
外来種の防除(タデ原湿原・大分県)
島しょ生態系(カンムリウミスズメ・宮崎県)
原生林(屋久島・鹿児島県)
COP-MOP5/COP10期間中に「生物多様性交流フェア」会場の環境省ブースにおいて配布いたします)。

3 「九州・沖縄いきものリレー」の実施について

 九州地方環境事務所管内(那覇自然環境事務所を含む)のアクティブレンジャーが、九州各地の生き物の個性的な姿を、バトンをつなぐようにホームページで次々と紹介しています。
 九州地方環境事務所ホームページ(http://kyushu.env.go.jp/)内
 アクティブレンジャー日記(http://kyushu.env.go.jp/about_activ.html