報道発表資料

2022年04月26日

奄美大島の三太郎線周辺における夜間利用ルールの適用時間変更について

 令和4年6月1日(水)から、奄美大島の市道三太郎線、市道スタル俣線及び市道石原栄間線周辺における夜間利用ルールの適用時間を変更※します。併せて、令和4年6月1日(水)から事前予約の受付枠が変更になります。野生動物の保護と質の高い利用の両立に向けて、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
 ※6~7月、3月は従来の適用時間から変更ありません。


1.背景・目的

今年7月に世界自然遺産に登録された奄美大島では、世界自然遺産地域及び緩衝地帯に含まれる市道三太郎線、市道スタル俣線及び市道石原栄間線周辺(以下、「三太郎線周辺」という。)において、野生動物の観察等を目的とした夜間の車両通行が増加しており、アマミノクロウサギ等の野生動物のロードキルの増加や野生動物へのストレス増加などの悪影響が懸念されています。また、利用者にとっても、混雑による野生動物の出没頻度の低下や、車両の追い越しによる利用者間のトラブルなどの発生により、利用体験の質の低下が懸念されています。

そこで、関係する行政機関、地元町内会、エコツアーガイド、民間企業、NPOなどで構成される「奄美大島三太郎線周辺における夜間利用適正化連絡会議」では、令和3年10月29日より、三太郎線周辺における夜間利用ルールを試行しています。

この度、令和4年3月に開催された第2回の同連絡会議における合意を得て、令和4年6月1日(水)から、三太郎線周辺における夜間利用ルールの適用時間を変更しますので、お知らせいたします。

2.夜間利用ルールの概要

 三太郎線周辺の夜間通行には事前予約が必要です。ルール内容、予約方法についてはこちらをご覧ください。

3.適用時間の変更等について

【適用時間変更】

令和4年6月1日(水)より、以下の時間に変更。

○春季・秋期(3月~5月、8月~9月):各日18時~翌6時

○夏季(6月、7月):各日19時~翌5時

○冬季(10月~2月):各日17時~翌7時

※3月、6~7月は従来の適用時間から変更無し

なお、変更前(令和3年10月29日~令和4年5月31日(火))の適用時間は以下のとおり。

4月~9月:各日19時~翌5時、10月~3月:各日18時~翌6時

【予約枠の変更】

令和4年6月1日(水)より、予約枠が適用時間変更にあわせて変更。

○4月~5月、8月~9月→18:00の枠と18:30の枠、翌5:30の枠と翌6:00の枠が追加。

○10月~2月:各日17時~翌7時→17:00の枠と17:30の枠、翌6:30の枠と翌7:00の枠が追加。

※3月、6~7月は従来の予約枠から変更無し

添付資料

■ 問い合わせ先
(対応時間 8:30~17:15)
環境省奄美群島国立公園管理事務所
TEL:0997-55-8620
MAIL:RO-AMAMI@env.go.jp
Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

  • アクティブレンジャー日記 九州地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
世界自然遺産候補地(リンク)
石西礁湖自然再生(リンク)
国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター
EPO九州(リンク)
やんばる野生生物保護センター ウフギー自然館(リンク)
奄美野生生物保護センター(リンク)
漫湖水鳥・湿地センター(リンク)
ページ先頭へ