報道発表資料

2011年08月15日

お知らせ:交通事故に遭ったヤンバルクイナの放鳥等について

那覇自然環境事務所

 7月31日(日)に国頭村安田の県道2号線8.8キロポスト付近で交通事故に遭い救護されていたヤンバルクイナが、順調に回復したため、8月16日(火)に放鳥を予定しています。今年に入ってからヤンバルクイナの放鳥は3件目です。
 なお、今年に入ってから8月14日迄に確認されたヤンバルクイナの交通事故は24件(死亡は19件)となっています。

1.ヤンバルクイナの放鳥スケジュール

日時

 平成23年8月16日(火)13時00分

集合場所

 県道2号線8.8キロポスト付近

※1
別添1参照
※2
集合場所に車を止め、少し歩いて移動した場所で放鳥します。
※3
取材に当たっては安全に放鳥ができるよう係員の指示に従ってください。

2.放鳥個体の概要

[1]発見日時

 平成23年7月31日(日)15時50分ごろ

[2]発見場所

 県道2号線与那向け車線8.8キロポスト付近(別添2参照) [PDF 269KB]

[3]発見時の状況とその後の処置

 通行者が車線上に倒れているヤンバルクイナを発見し、やんばる野生生物保護センターへ搬送した。発見時は立ち上がれなかったが、センター到着時には立ち上がれるようになっていた。ただ出血等が見られたため、NPOどうぶつたちの病院(うるま市)まで搬送した。
 病院へ搬入後治療を受けて順調に回復し、放鳥可能な状態となった。

3.環境省那覇自然環境事務所からのお願い

 沖縄島北部地域を自動車で走行する場合には、制限速度以下で特に慎重な運転をお願いします。

 平成23年(2011年)に入り8月14日現在で24件(死亡19件)の交通事故が発生しています。8、9月はヤンバルクイナの繁殖期の終盤であり、注意力の低い若鳥が道路へ飛び出す可能性が高くなります。急なヤンバルクイナの飛び出しを避けるためには十分速度を落とし、周囲に注意を払って運転することが重要です。

 ヤンバルクイナ等の事故を起こしてしまった場合や、傷ついている個体を発見した場合には、至急の通報をお願いします。

 今回の事故の場合、発見者による搬送を含めて迅速な救護があり、適切な対応がなされたために、順調な回復がみられ、放鳥することができました。

 交通事故の場所や時間を調べ、対策に役立てています。万が一、事故の当事者となってしまっても、故意でない限り罪に問われることはありませんので、情報をお寄せ下さいますようお願いいたします。

連絡先:
 0980-50-1025、090-6862-9170(環境省やんばる野生生物保護センター)
 090-6857-8917(クイナダイヤル、NPO法人どうぶつたちの病院)

別添資料

 別添1 [PDF 599KB]
 別添2 [PDF 269KB]

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

  • アクティブレンジャー日記 九州地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
石西礁湖自然再生(リンク)
EPO九州(リンク)
やんばる野生生物保護センター ウフギー自然館(リンク)
奄美野生生物保護センター(リンク)
漫湖水鳥・湿地センター(リンク)
ページ先頭へ