外来生物対策-藺牟田池(いむたいけ)オオクチバス等防除モデル事業について

藺牟田池(いむたいけ)オオクチバス等防除モデル事業について

写真:藺牟田池全景

藺牟田池全景

○背景

オオクチバスやブルーギルは、北米原産のサンフィッシュ科に属する雑食性魚類で、主にルアー釣り用として人為的に放流されたものが国内各地の湖沼、河川及びため池に定着し、分布を拡大しています。
オオクチバスやブルーギルが増加することにより、在来魚類や水生生物が捕食されるなど、在来生態系への被害が全国各地で報告されています。そのため、両種とも平成17年6月に「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(外来生物法)」に基づく特定外来生物に指定され、飼育や運搬、放流などが禁止されています。

○藺牟田池オオクチバス等防除モデル事業について

藺牟田池(いむたいけ:鹿児島県薩摩川内市)は、種の保存法に基づいて、国内希少野生動植物種ベッコウトンボの生息地として、平成8年に生息地保護区に指定され、その後平成17年にラムサール条約湿地に登録されました。九州地方環境事務所では、藺牟田池において、オオクチバスやブルーギルによる希少種ベッコウトンボを含む在来生態系への被害の軽減及び効率的な外来魚駆除方法の確立のため、平成17年度より「藺牟田池オオクチバス等防除モデル事業」を実施してきました。
まず、藺牟田池に生息するオオクチバス、ブルーギル等を含む魚類の生息状況の把握と基本計画の策定を行いました。藺牟田池では池干しによる防除が実施できないため、効果的な防除手法の検討を行い、追い込み漁やカゴ網、エサ釣りによる駆除が効果的であることがわかりました。
オオクチバス等による影響としては、ベッコウトンボを含むトンボ類や、カワムツやオイカワなどの在来魚の捕食があげられます。特にベッコウトンボは、オオクチバス、ブルーギル両種の胃から発見され、捕食されていることが確認されています。しかし、捕食がベッコウトンボに対しどの程度の影響があるのかは今のところわかっていません。近年では、コイなど一部の在来種の捕獲数が増加しており、オオクチバス等の防除を続けることにより、在来魚への捕食の影響は少し軽減されたと考えられます。
外来種の防除には地域や民間の協力が不可欠であることから、地元関係者を中心とした防除体制の構築を目指しており、今までの事業の成果を基にした「藺牟田池外来魚駆除マニュアル」を策定しました。
また、藺牟田池では、薩摩川内市の「藺牟田池自然公園施設条例」によりオオクチバス等の放流が禁止されており、外来魚回収ボックスが設置されているほか、地元団体による釣り大会などが実施されています。
オオクチバスやブルーギルは各地の河川、湖沼に広く生息しており、被害を小さくするためには適切な防除活動が必要です。地域の皆様のご理解とご協力をお願いします。

詳しく知りたい方はこちらもご参照下さい。

○藺牟田池の魚類

○駆除方法

藺牟田池では、下に述べる各手法を組合せて外来魚の駆除を実施しています。

小型カゴ網

写真:小型カゴ網

オオクチバスやブルーギルが物陰に隠れる習性を利用したもので、水中に沈めておき、一定時間後(概ね2~3時間後)に引き上げます。大型の個体も捕獲可能で、比較的手間が少ない手法です。春先から夏場にかけては岸沿いで、冬場はやや深い所に設置すると捕獲効率が上がります。ただし枯れ葉や泥、藻など魚以外も入りやすく、汚れやすいので、定期的に点検が必要です。

三角網

写真:三角網

岸辺など、浅い所で魚をすくい取ります。複数人で囲い込むように実施すると捕獲効率が上がります。手軽に実施でき、稚魚の捕獲に適しています。

投網

写真:投網

専用の網を投げて浅瀬で魚を捕獲します。主に春先から夏場にかけて、水際に集まる魚を捕獲するのに向いています。ただし水中の枝や岩などに網が引っかかりやすいので、使用場所には注意が必要です。また、網の投げ方にはコツが必要です。

四つ手網

写真:四つ手網

魚が集まっている所に仕掛けを沈めて数分待ち、魚が入ったのを見計らって引き上げます。主に小型個体の捕獲に適しています。特別な技術は必要ないため、手軽に実施できます。

釣り

写真:釣り

釣り竿

釣り竿で釣ります。比較的大型の個体を捕獲でき、繁殖個体を減らすことができます。水温が低いと魚の動きが鈍るため、冬場はあまり有効ではありません。また、個人の技量により捕獲量に差が出ます。

追い込み漁

写真:追い込み漁

ボート(手こぎまたは船外機付き)で追い込み網を展開し、小型地引き網の袋部に追い込む方法です。オオクチバスやブルーギルが視覚的な刺激から逃げる習性を利用しています。複数人(5人以上推奨)で行う必要があり、ある程度水位が低くないと実施できませんが、大型の個体を捕獲しやすい手法です。船外機付きボートの使用には、小型船舶免許が必要な場合があります(出力2馬力以下であれば不要です。規則、マナーを守って使用して下さい)。

追い込み漁 (図)

  • ※実際の防除にあたっては、鹿児島県水産振興課より、鹿児島県内水面漁業調整規則に基づく特別採捕許可を得て実施しています。
Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 九州地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
地球温暖化に関する九州カンファレンス(リンク)
九州地域エネルギー・温暖化対策推進会議(リンク)
阿蘇草原再生プロジェクト(リンク)
エコアクション21(リンク)
EPO九州(リンク)
九州自然歩道ポータル(リンク)
ページ先頭へ