ツシマヤマネコ保護に関する取り組みについて

ツシマヤマネコ保護に関する取り組みについて

ネコ目ネコ科 ツシマヤマネコ (学名 Prionailurus bengalensis euptilurus)

絶滅危惧ⅠA類(環境省レッドリスト2012)
平成6年1月に国内希少種に指定
天然記念物

ネコ目ネコ科 ツシマヤマネコ

1.分布及び個体数

  • 長崎県対馬のみに分布。
  • 生息数は80~110頭前後と推定されています。
  • 近年は下島での生息情報が途絶えていましたが、平成19年3月、自動撮影カメラにより23年ぶりに生息が確認されました。

2.形態及び生物学的特性

  • 成体の体重3~5kg、体長50~60cmで、イエネコと同じかやや大きい程度
  • 体全体の斑点模様、額の縞、太く長い尾や耳裏の白斑(虎耳状班)が特徴。
  • 夜行性で単独性。出産については、一回に通常1,2頭(飼育下での平均は2頭弱)で、イエネコと比較して少産です。
  • もっとも重要な餌はネズミ類で、他に鳥類や昆虫類等を食べます。

3.好適な生息地と生息を脅かす要因

  • 森林性で落葉広葉樹林を選好。主として谷筋や低地部を利用するが、集落周辺の田や畑も利用することが多いです。
  • 好適生息地である落葉広葉樹林が減少した他、間伐の行われていない針葉樹植林が増加した結果、餌となるネズミ類の生息密度が低下したことに加え、河川改修や道路建設などによる生息地の分断交通事故死が主な減少要因となっています。また、近年イエネコからの病気感染や餌資源の競合も問題となっています。
  • イノシシやシカによる植生の変化の影響が懸念されています。

4.主な保護対策

  • 生息域内における保護対策(好適生息環境の維持・再生、交通事故対策、イエネコ対策、とらばさみ対策 等)。
  • 生息域外における保護対策(飼育下個体群の確立、普及啓発 等) *5参考
  • ツシマヤマネコと共生する地域社会の実現(普及啓発・環境教育、環境と経済の両立、行動計画づくり 等)
  • 関係者の横断的連携の促進、科学的知見に基づく順応的管理
  • 下島に、動物園で繁殖させた個体を野生環境に戻す為の訓練を行う。野生順化施設を建設し、下島の個体群の補強を行う事としています。(平成24年度建設開始)
図:野生順化施設イメージ図 図:野生順化施設イメージ図
野生順化施設イメージ図(画像をクリックで拡大)

5.飼育繁殖の実施と飼育分散

  • 平成8年より5頭の野生個体を確保し、平成11年より福岡市動物園の協力を得て飼育下繁殖を実施。平成12年に初めて繁殖に成功。
  • 危険分散のため、日動水の協力を得て9園で31頭を飼育。5園で繁殖に取り組んでいます。
  • 過去3シーズン繁殖に失敗し、飼育下個体群の高齢化が進んでおり、繁殖技術の向上や個体の配置の見直しなどが急務となっています。(2013年時点)

6.保護の取り組みの経緯の概略

1949(昭和24)年 非狩猟鳥獣とされる
1971(昭和46)年 国の天然記念物に指定される
1985(昭和60)~
1987(昭和62)年度
ツシマヤマネコ生息環境等調査(第一次調査)実施
1989(平成元)年 長崎県対馬の生息地に国設伊奈鳥獣保護区(1,173ha)を設定
生息状況のモニタリングおよび給餌事業に着手
1994(平成6)年 種の保存法に基づく国内希少野生動植物種に指定
1994(平成6)~
1996(平成8)年度
ツシマヤマネコ第二次生息特別調査(第二次調査)実施
1995(平成7)年 種の保存法に基づく保護増殖事業計画を策定
保護増殖事業を開始
1997(平成9)年 対馬野生生物保護センター開所(7月)
1998(平成10)年 レッドリストにおいて「絶滅危惧IA類」に分類される(6月)
2000(平成12)年 福岡市動物園が飼育個体による繁殖に成功
2004(平成16)年 「ツシマヤマネコ再導入基本構想」を発表(8月)
2005(平成17)年 ツシマヤマネコ生息調査(第三次調査、2002~2004)結果公表
2006(平成18)年 「ツシマヤマネコ保全計画づくり国際ワークショップ」開催ツシマヤマネコの飼育分散(井の頭自然公園及びよこはま動物園)を実施。
2007(平成19)年 下島において、23年ぶりに生息を確認(3月)
2009(平成21)年 下島において、亜成獣を保護
2010(平成22)年 「ツシマヤマネコ保護増殖事業実施方針」を公表(3月)
2010(平成22)年 下島(美津島町黒瀬)において、ツシマヤマネコのオスの糞を確認(9月)
2011(平成23)年 「ツシマヤマネコ野生順化施設基本構想」を策定(8月)
2012(平成24)年 下島順化施設整備開始
2013(平成25)年 ツシマヤマネコ生息調査(第四次調査、2010~2012)公表
※下線は環境省実施事業

7.生息密度分布図(第四次調査)

生息密度分布図(第四次調査)

8.分布の変遷

分布域の変遷

分布域の変遷

9.ツシマヤマネコ保護増殖事業実施方針の概要

分布域の変遷

  • アクティブレンジャー日記 九州地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
地球温暖化に関する九州カンファレンス(リンク)
九州地域エネルギー・温暖化対策推進会議(リンク)
阿蘇草原再生プロジェクト(リンク)
エコアクション21(リンク)
EPO九州(リンク)
九州自然歩道ポータル(リンク)
ページ先頭へ