対馬野生生物保護センター

[ ホーム ] → [ とらやまの森バックナンバー ] → [ とらやまの森第21号1ページ ]


とらやまの森
環境省 対馬野生生物保護センター ニュースレター

とらやまの森第21号

 

現在のページ 01 | 02 | 03 | 04


仔ネコがひとり立ちを始める季節です 安全運転を心がけましょう


 92年から2003年7月までに、交通事故で死亡したツシマヤマネコは、全部で23頭。死体で発見された数の実に半数以上にのぼります。現在の推定生息数が70〜90頭であることを考えると、大変な数字です。
 その交通事故も、左グラフのとおり、9月以降の秋から冬にかけてが多くなっています。特に秋は、春に生まれたヤマネコが、ひとり立ちする最中で事故に遭っているのではと考えられています。今年もそろそろ仔ネコがひとり立ちする季節です。貴重な1頭が、無事成長しておとなになれるよう、見守ってあげたいですね。





動物の交通事故現場の検証を始めます

 動物の事故が起こる場所には、いくつかの共通点があると言われています。ツシマヤマネコの場合も、同じ場所で複数回事故が起こっているところもあります。島民のみなさまに安全運転をお願いするだけでなく、事故の起こりにくい道路にしていくことも考えなければいけません。そこで、センターと長崎県では、ツシマヤマネコだけでなく、イエネコやテン、イタチなどの交通事故現場の情報収集と現場検証を実施することにしました。道路上で動物の死体を発見した方は、場所(なるべく詳細に:道路のどのあたり等)と発見時間をセンターまでお知らせください。
 途中経過や解析結果は、今後の「とらやまの森」やホームページ上に公表していきます。



ツシマヤマネコの着ぐるみに名前をつけてね!!

 ツシマヤマネコ保護の普及啓発の為に、昨年誕生した「ろくべえ」の妹として新しい着ぐるみを製作しました。
 そこで、この着ぐるみの名前を募集します。着ぐるみはツシマヤマネコのメスです。みなさん、ふるってご応募下さい!


募集要領

  1. 誰からも末永く親しまれる、女の子の名前を考えて下さい。
  2. はがき又はFAXで、考えた名前・住所・氏名・電話番号を明記して、対馬野生生物保護センターまでご応募下さい。
  3. 締め切りは8月末です。

 9月に決定し発表する予定です。


とらやまの森第21号

 

現在のページ 01 | 02 | 03 | 04


[ ホーム ] → [ とらやまの森バックナンバー ] → [ とらやまの森第21号1ページ ]