対馬野生生物保護センター

ホーム >> 平成28年度 対馬野生生物保護センター夏季実習について

平成28年度 対馬野生生物保護センター夏季実習について

対馬野生生物保護センター【環境省・長崎県・対馬市の共同運営】は、ツシマヤマネコをはじめとする対馬の希少野生動物の保護活動を行っています。
今回、対馬野生生物保護センターでは、野生生物の保護行政に関心がある方を対象に夏季実習を実施します。野生生物保護の最前線の現場で自ら学び取る熱意のある方のご応募をお待ちしております。

1 内容

対馬野生生物保護センターの業務体験や地域住民の方々との連携・協働作業、環境省職員や関係者による講義等を行う予定です。

2 実施日程

平成28年8月18日(木)〜8月28日(日)

3 実施体制

 『獣医・飼育コース』と『地域社会づくり・普及啓発コース』の2コースを用意しました。両コースとも最初の3日間では対馬野生生物保護センターの基本的な業務内容を網羅的に学びます。その後、各コースに分かれ、より専門的に実習を行います。実習の最後には、総括として発表会を開催予定です。

4 募集定員

獣医・飼育コース 2名程度
地域社会づくり・普及啓発コース 4名程度

5 主催及び実習施設

対馬野生生物保護センター
〒817-1603 長崎県対馬市上県町棹崎公園
TEL:0920-84-5577 FAX:0920-84-5578
E-mail:SAORI_KOMIYA@env.go.jp(担当:小宮・沼倉)


詳しくは実施要項 をご覧ください。

同意書

実習チラシ


レクチャー

治療見学

地域住民との交流

【レクチャー】 【治療見学】 【普及啓発】