対馬野生生物保護センター

ホーム >> 報告書・資料・パンフレット >> 過去のセンター活動 >> センターの活動報告(2007年) >> 2007年11月の活動

2007年11月:センターの活動日誌・茂木

2007年11月の活動

祝!

投稿者:茂木 投稿日:2007/11/26(Mon) 18:53 No.1523

10/15に豊玉町田の道路上で保護されたヤマネコ(亜成獣♂)が元気になったので,明日保護地点付近で野外に放す予定です.
交通事故などで保護したヤマネコを再び野生に返すことができるのはとても稀なケースです.さらに野生に返った若いヤマネコがうまく自分のすみか(なわばり)を持ち,一人で餌を捕って生きていける可能性はけっして高くありません.
今回放すヤマネコには電波発信機が付いていて,明日野外に放した後から1週間このヤマネコがちゃんと生きているか人家に近づいて鶏小屋を襲っていないかどうかを24時間体制でモニタリングします.
アンテナと受信機を持った調査員が集落周辺をお邪魔するかもしれませんが,怪しいモノではありませんからご了承下さいね♪

迷子?

投稿者:茂木 投稿日:2007/11/19(Mon) 19:39 No.1517

今朝,舟志川下流でサケの死体があるとの連絡を受けて,死体(貴重なサンプル)を回収するため出発♪

対馬にサケって遡上するの?聞いたこと無いぞ・・・

現場に着き,発見した場所を確認してブツを見せてもらうと,間違いなくどう見てもサケでした.体長70p体重2.5s立派なオスです.地元の方のお話を聞くと,数年前にも一度サケが遡上した記録があるそうです.
さらに佐護川ではもっと多くの遡上記録があるそうです!!!

勉強不足でした...

遡上記録が少ないことから対馬の川で繁殖している可能性は低いと思われます.
サケは対馬暖流に乗って日本海を北上するので,その途中で対馬の川に迷い込んでしまったのでしょうか?

写真は,雌雄判定のため尾ひれを解凍しようと手で温めている保護官です♪
(尾ひれが三角に切れ込んでいるのがオスの特徴なんだそうですよ)