対馬野生生物保護センター

ホーム >> 報告書・資料・パンフレット >> 過去のセンター活動 >> センターの活動報告(2005年) >> 2005年12月の活動

2005年12月:センターの活動日誌・松原・川口

2005年12月の活動

今年もあと2日!!

投稿者:川口 投稿日:2005/12/30(金曜) 14:08 No.885

 早いもので今年もあと2日となってしまいました。1年が過ぎるのが本当に早いです。
 皆様、よいお年を!!

オオコノハズクのその後

投稿者:松原 投稿日:2005/12/23(金曜) 18:33 No.867

 12月11日に保護されたボクサー顔のオオコノハズク(11日村山さんの日誌)ですが、その後順調に回復して顔の腫れがひくと、とてもかわいくなりました。 
 私は知らなかったのですが、オオコノハズクは縦によく伸びます。緊張したり威嚇したりするときは目をまん丸にして体をふくらませて丸くなりますが、ぼーっとしてるときはかなり縦長です。このときは不細工でした…
 このまま行けば近いうちに放鳥できそうです。

 

シモヤケ

投稿者:川口 投稿日:2005/12/16(金曜) 20:08 No.862

 最近,最低気温が2℃とか1℃の日が続いております.長靴を履いて作業することが多いので,右足の中指と人差し指にしもやけなるものができました.昨年も同じ場所にしもやけができていたと記憶してますが,いつできてもこの痛痒さは嫌になります.あ〜また痒くなってきた〜!

ありがたいプレゼント♪

投稿者:松原 投稿日:2005/12/09(金曜) 20:59 No.856

 昨日、センターにヤマネコさん宛で荷物が届きました。しかも大きな段ボール3つも。箱を開けてみると毛布やタオルがぎっしり詰まっていました。
 これは、はるか遠く東京近辺の方々(総勢20名)がヤマネコたちのために集めて送ってくださったものです。
 冬は野生のヤマネコが保護されたり、センターのヤマネコたちが体調を崩したりしやすい季節です。こんな時はタオルが必需品です。寒いこの季節には巣箱にタオルを入れてあげると暖かそうに寝ます。
 この場をお借りして飼育係のわたくしから一言。
みなさん本当にありがとうございます。
ちょうど、タオルが無くなりかけて困っていたところでした。
グッドタイミングです!
みなさんが送ってくださったタオルは、ヤマネコや保護されてくる動物たちのために使わせて頂きます。
ツシマヤマネコたち、みんなから愛されています。うれしい…

虎耳状斑

投稿者:松原 投稿日:2005/12/02(金曜) 20:22 No.851

←ヤマネコの特徴です

悲しいお知らせ

投稿者:松原 投稿日:2005/12/02(金曜) 19:58 No.850

 11月30日午前に上対馬町芦見の路上で雌のヤマネコの死体が発見されました。体重は1180gで今年の春生まれだと思われます。
センターに運ばれた死体を診てみると、目立った外傷が無く、骨折もありませんでした。死因は現在究明中です。
 死亡したヤマネコは栄養状態も普通で、被毛もとてもきれいでした。まだ小さく、とても残念です。
 今回も、地域住民の方のご協力でヤマネコの死体を回収することができました。ヤマネコが死亡することはとても悲しいことですが、死体から死因を究明することは今後の対策のヒントになります。
 もしヤマネコの死体を発見したら、ヤマネコセンターにご連絡ください。おさらいですが、ヤマネコの一番の特徴は、耳の後ろが黒く真ん中に大きな白い斑点(虎耳状斑)があることです。