対馬野生生物保護センター

ホーム >> 報告書・資料・パンフレット >> 過去のセンター活動 >> センターの活動報告(2005年) >> 2005年10月の活動

2005年10月:センターの活動日誌・木村

2005年10月の活動

対馬の今をお届け

投稿者:木村 投稿日:2005/10/26(水曜) 20:24 No.814

今朝は久しぶりにゆっくりと鳥見を楽しみました。

秋の涼風に揺れるススキに、対馬では渡りの季節のみ見られるノビタキがとまり、こちらの様子を伺っていました。

ずっと眺めていたかったのですが、彼はそそくさと茂みの奥へ去ってしまいました。

名残惜しむ間もなく、頭上をハイタカが飛んでいきました。

季節と弱肉強食、自然の摂理を感じました。

シーカヤックで日本一長いリアス式海岸を行く!

投稿者:木村 投稿日:2005/10/05(水曜) 17:32 No.796

先週末は北海道の友人を迎えて、対馬各地を観光してきました。

初日はシーカヤックに挑戦!日本一長いリアス式海岸を水面から望みました。水面の穏やかな様はまるで北米かどこかの湖みたいでした。
対馬では2年前にエコツアー会社ができ、誰でもシーカヤックを楽しむことができます。
この日は鳥運にも恵まれ、ミサゴ・ハヤブサなどのタカの仲間の他に、イソシギとイソヒヨドリのさえずり合戦も間近で観察することができました。
海中にはウニがいっぱい!所々サンゴも見ることができました。対馬はサンゴ生息地の北限のひとつだそうです。対馬暖流と豊かな海洋生態系の成せる技でしょうか。

シーカヤックin対馬、オススメです!!

I hope you'll be happy.

投稿者:木村 投稿日:2005/10/11(火曜) 19:34 No.804

大学時代の友人の結婚式に行ってきました。オモシロかったのが環境昆虫学研究室の教授のスピーチ。
天使の羽根をつけている新婦に対して、
「昆虫の世界では通常ハネは4枚であり、ハネが2枚の仲間は双翅目、いわゆるハエの仲間に分類されます。」

!! 花嫁をハエに例えた〜!(場内ハラハラドキドキ)

その後、ハエは様々な病気を媒介するというウンチクをつらつら述べて、最後に「新婦は病気ではなく幸せを新郎に運んでください。」と締めていました。
結局スピーチ中、何度か爆笑を誘い、最後は大きな拍手。

初めての結婚式でしたが、こんなのもありなんだーと社会勉強になりました。それともこの結婚式が特殊だったのか?

なんだかんだありましたが、とっても素敵な結婚式でした。Tぽん、Sさん、お幸せに!