対馬野生生物保護センター

ホーム >> 報告書・資料・パンフレット >> 過去のセンター活動 >> センターの活動報告(2005年) >> 2005年10月の活動

2005年10月:センターの活動日誌・松原・川口

2005年10月の活動

ヤマネコ柄

投稿者:松原 投稿日:2005/10/21(金曜) 20:26 No.811

 飼育係は、毎日1、2時間おきにモニターでヤマネコの行動観察をしています。カメラは飼育場の上の方に設置されていて、ヤマネコを真上から見ることもできます。この前、ネコ草の生えているプランターの上に座ったヤマネコの背中をどアップでまじまじ見てみました。
 やっぱり、ヤマネコの一番の特徴である、耳の後ろの白い斑点(虎耳状斑といいます)がよく目立っています。
額から首の後にかけては黒い4本のラインがすっと伸びて、う〜ん、ウツクシイ…。背骨の上の斑点は濃くて縦長なのに、お腹のほうに行くにつれて薄く丸くなってゆく。見れば見るほどおもしろいです、ヤマネコ柄。

一週間!

投稿者:川口 投稿日:2005/10/07(金曜) 19:02 No.800

 福岡市動物園からヤマネコがきてからちょうど一週間が経ちました。獣舎にもだいぶ慣れてきて一安心と行ったところです。兄弟のヤマネコなんですが、顔もそっくりで、行動まで本当に似ていておもしろいです。(写真は、No.29です。)

食痕!

投稿者:川口 投稿日:2005/10/28(金曜) 16:46 No.816

 今日の昼頃、ヤマネコの獣舎に向かって歩いていたら、無数の散らばった羽とアスファルトには血の痕が付いていました。鳥が何か(ヤマネコ?もしくはテン?)に襲われたと思われるもので、その中の羽を1枚拾って帰りました。
 センターにある鳥の羽図鑑で調べたところ“キジバト”と判明しました。そういえば、朝一のヤマネコ獣舎の清掃中に、トビがやけに騒がしく、襲われたキジバトの残骸を巡って熾烈な争奪戦が繰り広げられていたのかなぁと思いました。

どんぐり

投稿者:川口 投稿日:2005/10/14(金曜) 20:01 No.806

 どんぐりの季節がやってきました。昨年は、大型の台風の影響で実る前に吹き飛んでしまいましたが、今年はなかなかの豊作なんでしょうか。今日も、木村さんが沢山のマテバシイのどんぐりを拾ってきました。
 どんぐりを水に浸すと沈むものと浮いてくるものがあり、浮いてきたものは、虫に食われていて植えることができません。せっかくだから、その内の一つをもらって、子供の頃を懐かしんでどんぐりの笛でも作ってみるつもりです。