対馬野生生物保護センター

ホーム >> 報告書・資料・パンフレット >> 過去のセンター活動 >> センターの活動報告(2005年) >> 2005年9月の活動

2005年9月:センターの活動日誌・前田

2005年9月の活動

アキマド〜

投稿者:前田 投稿日:2005/09/29(木曜) 10:38 No.791

 昨晩、日誌にアキマドボタルのメスの写真を投稿しようと思って探しまわったのですが、見つからず…。オスはあちこち確認できたんですがね。
 対馬を訪れる動機にはいろいろなものがあります。対馬の自然や歴史が好きだったり、アキマドボタルを見たいからだったりと。数ある動機の中で、最近関心したのは、作家の赤瀬川原平氏。対馬は、地球のイギリスなのだそうです。日本列島を世界地図として見比べると、九州はアフリカ、四国はオーストラリア、本州はユーラシア、北海道は北米、エベレストは富士山、スカンジナビア半島が能登半島、地中海は瀬戸内海。さらに細かく考えたすえ、イギリスが対馬ということになり、気になって対馬に来られたとのこと。←赤瀬川原平(1999):『島の時間』平凡社より

明日から美津島です

投稿者:前田 投稿日:2005/09/22(木曜) 00:34 No.784

 比田勝、三根、厳原を巡回してきたツシマヤマネコ展。大変、ご好評を頂いております。明日(んん!?今日)からは、美津島地区公民館3階ロビーです。お近くの方は是非是非足をお運びください。楽しい展示盛りだくさんです。同公民館では、日本島嶼学会対馬大会などのイベント、各種講座などが開催されるとのことなので、いろんな方にヤマネコのことを知ってもらえるのではないかと期待しています。
 余談ですが、先日、離島戦隊「イキツシマン」なるキャラクターを発見。よくある5人組なのですが、シマナガシブルーを隊長に、モンキーイエロー、ウニレッド、鬼タコブラック、ヤマネコグリーンの構成。2000年後の未来から時を超えてやってきて、島の自然を守るため、島を汚す奴らは許さないローカルヒーローたちです。ちなみにヤマネコグリーンのストラップを思わず買ってしまったのですが、ヤマネコグリーンは「ネコマネキー」が必殺技で幸せを招きます。
 お願い、ヤマネコグリーン。ヤマネコに明るい未来を!

↑美津島地区公民館3階「ツシマヤマネコ展」(9/22〜10/4まで)

んん、ヤマネコ?

投稿者:前田 投稿日:2005/09/14(水曜) 19:24 No.779

 No.770でも対馬の植生について書き込みがありましたが、対馬の自然林は、神社周辺の残存林分や山頂部などにわずかに残っているにすぎません。 現存植生図を見て以来、あちこちの神社の森巡りをしているのですが、ある神社でおもしろい欄間(写真)を見つけました。一瞬ヤマネコかと思い近づいて見ましたが、牙といい爪といい模様といい、尻尾や足の長さといいトラでしょうか。最近、対馬の神話や伝承、昔話、民話・民謡の中にヤマネコが出てこないかと気になっていた分、胸がふくらみましたが、ん〜って感じです。
 

今日から対馬市役所

投稿者:前田 投稿日:2005/09/07(水曜) 21:06 No.772

 台風一過の青空が広がり、韓国、そして壱岐がくっきり見えました(右写真上:韓国釜山,下:壱岐)。気分爽快です^^)
 今日から対馬市役所2階でツシマヤマネコ展が始まりました。市役所は人通りが多いだけに期待大です。スペースの関係で、糞分析コーナーやあしがたコーナー等は展示できませんでしたが、是非是非お立ち寄りください(^▽^)/~

もう・・・

投稿者:前田 投稿日:2005/09/01(木曜) 00:30 No.766

 夏の実習も子供たちの夏休みも終わり、センターは静かになりました。にぎやかだった分、ちょっぴり寂しかったりもします。
もう、秋ですね。

←28日の「大人も子どもも夏休み工作」。ヤマネコやカブトムシ、セミ、トンボなどなど、ユニークな作品が多数できあがりました。4家族のご参加がありましたが、家族みんなで和気藹々とした楽しい一時を過ごされたのではないかと思います。