対馬野生生物保護センター

ホーム >> 報告書・資料・パンフレット >> 過去のセンター活動 >> センターの活動報告(2005年) >> 2005年7月の活動

2005年7月:センターの活動日誌・大林

2005年7月の活動

夏が来ました−学生実習始まる−

投稿者:大林 投稿日:2005/07/26(火曜) 21:43 No.733

昨日から学生実習が始まりました。4年前から様々形を変えて実習していますが、今回五期目。
全国各地から前期5名、後期5名。野生生物保護の現場で実習したいという熱意ある学生が2週間ずつセンターで経験を積みます。それぞれがそれぞれの思いでここに来ているわけですが、私もいろいろ刺激を受けるのが楽しみですし、また各自が2週間後に何か得て帰ってくれればと思います。
センターの受付で、また特に佐護の皆様には普段見られない学生が頻繁に現れるかもしれませんが、温かい目で見守って下さい。

↑早速、夜遅くまでがんばっています。明後日から行うツシマヤマネコ展の準備です。そちらの方にも是非来て下さい。

宝石

投稿者:大林 投稿日:2005/07/19(火曜) 17:33 No.726

本日センターの裏で光りながら脚をばたばたさせているものがいました。もしかしてと思って近づいてみるとやはりそうでした。
タマムシです。日の光の具合で異なった色に見え、まるで宝石のよう。何でこんな生き物が生まれてきたか本当に不思議です。タマムシは少しの間センターで展示しておく予定ですので是非センターに足を運んで下さい。
 梅雨明けを待っていたかのように、タマムシだけでなく、いろいろな昆虫が出てきました。日曜日の夜にセンターで行われる自然観察会、昼とは違ったどんな生き物にあえるか楽しみです。

7月24日開催の「夜の生き物観察会」

スピード

投稿者:大林 投稿日:2005/07/05(火曜) 18:46 No.714

週末に自転車で家の近くをぶらぶらと。
対馬は基本的に車社会。南北に長いし、高低差も充分。私も例外に漏れず車通勤。
毎日通勤している道も自転車で行くと気づくものの多さは全然違う。今回は川沿いに。河口近くでは本当にたくさんのボラやふぐを発見。海がボラだらけにならないかと毎回心配に。また途中で川が土の下に潜ったり、現れたり。水もかしこいなーと。まだ残っていたイチゴを食べました。すっぱい。
ちょっとの散歩でしたがなかなか充実。

皆さんも是非どうぞ。

追伸
対馬は歩道があまり整備されていなく、歩いていると逆に危ないくらい。部分的にでももう少し整備されるともっと対馬の良さがわかるかも、と。