対馬野生生物保護センター

ホーム >> 報告書・資料・パンフレット >> 過去のセンター活動 >> センターの活動報告(2005年) >> 2005年4月のヤマネコニュース

2005年4月29日(金)ツシマヤマネコの死体発見について(お知らせ)

2005年4月ヤマネコニュース

ツシマヤマネコの死体発見について(お知らせ)

投稿者:大林 投稿日:2005/05/02(Mon) 15:33 No.82

 4月29日(金)7時45分頃、対馬市上対馬町舟志(しゅうし)において、ツシマヤマネコの死体が発見されました。個体の状況から考えて、28日夜〜29日早朝にかけて、交通事故にあったものと考えられます。ツシマヤマネコの交通事故死体の発見は今年初めてです(通算33件目の交通事故)。

<詳細>
1. 発見日時 平成17年4月29日(金)7時45分頃
2. 発見場所 対馬市上対馬町舟志の市道の道路脇
3. 発見の経緯 道路脇で死んでいるツシマヤマネコを地域住民が発見した。その後、センター職員に連絡が入り死体を収容した。
4. 個体の情報
(1)性別 オス
(2)年齢 成獣(若い個体と思われる)
(3)体重 1,660g(参考値)
(4)全長 80.5cm(頭胴長54.5cm)(ともに参考値)
(5)死体の状態 28日夜半〜29日早朝にかけて交通事故にあったものと推察される。胸の骨が骨折。死後動物に食べられたためか内臓及び筋肉のほとんどが欠損。栄養状態は普通。
(6)死因 胸の骨が骨折していたことから、交通事故により死亡したものと推察される。