対馬野生生物保護センター

ホーム >> 報告書・資料・パンフレット >> 過去のセンター活動 >> センターの活動報告(2004年) >> 2004年12月のヤマネコニュース

2004年12月6日:ツシマヤマネコの保護について(お知らせ)−今冬4頭目の保護

2004年12月ヤマネコニュース

投稿者:大林 投稿日:2004/12/07(Tue) 11:10 No.64

6日(月)、上対馬町道路脇の水産加工場において、削痩しているツシマヤマネコの亜成獣を保護しました。今後の扱いについては、ウィルス感染の有無を調べるための血液検査の結果や個体の回復状況等を見て検討します。

<詳細>
1.保護された経緯
 6日午後1時頃、上県町内の住民が、ツシマヤマネコが国道382号線を横断し水産加工場に入っていくところを発見し、センター職員に連絡した。センター職員が水産加工場にいるツシマヤマネコを保護し、午後2時40分頃センターに収容した。

2.個体の情報
(1)性別 オス
(2)年齢 亜成獣(当年生まれ)
(3)体重 1,440g
(4)全長(頭胴長) 64.0(44.0)cm
(5)個体の状況 右前肢、左後肢裂傷。発熱有り。削痩で脱水顕著。センターで消毒、点滴等の治療を行った。
(6)FIV、FeLV検査 共に陰性
(FIV・・・ネコ免疫不全ウイルス  FeLV・・・ネコ白血病ウイルス)

3.今後の予定
 6日夜、血液採取し、FIV、FeLVの検査を行ったが、その他の感染症の検査を検査機関にて行う。結果(約1週間後)及び個体の回復状況等を見て、今後の取り扱いを検討する。