対馬野生生物保護センター

ホーム >> 報告書・資料・パンフレット >> 過去のセンター活動 >> センターの活動報告(2003年) >> 2003年12月の活動

2003年12月:センターの活動日誌・動植物

2003年12月の活動

エチゼンクラゲ

打ち上げられたエチゼンクラゲ

 投稿者:三谷 投稿日:2003/12/06(土曜)15:29No.329

 先週から、ツシマヤマネコの密度推定のため、島内あちこちに痕跡調査に出かけています。

 お昼に小鹿の海水浴場で、大きなクラゲが打ち上げられているのを見つけました。直径1mほどありました。少し前に、北陸や東北の日本海側で大量発生して漁業被害をもたらしたエチゼンクラゲと思われます。エチゼンクラゲについて図鑑で調べたところ、重さは50〜150kgに達するそうです。また、東シナ海やその周辺海域で生まれ、夏から秋にかけて急激に成長し、対馬暖流に乗って日本海沿岸に来遊すると考えられているそうです。

 水を多く含んで大型のクラゲだったので、見るからに重そうで、漁師さん達のご苦労が想像できました。最近、エチゼンクラゲのニュースは聞きませんが、寒くなると死滅するそうですから、落ち着いたのでしょうか・・・・。

エチゼンクラゲ2

弱っているエチゼンクラゲ

 投稿者:三谷 2003/12/06(土曜)15:32No.330

海岸近くに漂っているエチゼンクラゲもいました。

弱っていました。