対馬野生生物保護センター

ホーム >> 報告書・資料・パンフレット >> 過去のセンター活動 >> センターの活動報告(2003年) >> 2003年6月の活動

2003年6月3〜15日センターの活動報告・新宿御苑・絶滅危惧種展

2003年6月の活動

6月6日から15日まで、東京の新宿御苑インフォメーションセンター1Fのアートギャラリーで「絶滅危惧種展」が開催されました。
ツシマヤマネコについては特に大きくとりあげられたので、会場のほぼ半分をヤマネコ展示が占め、期間中の来場者数は5000名に達しました。
より多くの方に、ツシマヤマネコ、そして絶滅の危機に瀕している多くの生き物について知っていただきたいと願っています。

絶滅危惧種展で愛嬌を振りまくヤマネコ着ぐるみ

絶滅危惧種展でデビューしたヤマネコです。女の子で現在名前を募集しています。ちなみに兄はロクベエといいます。

本物そっくりのぬいぐるみに見入る入場者

ツシマヤマネコの実物そっくりのぬいぐるみを見て、「あら!剥製ね」というひとも・・。いえいえ、よくできたぬいぐるみです。

ヤマネコのビデオを見る入場者

ビデオコーナーを設置し、動物園の映像やセンターのレクチャールームでしか見られない映像も見ることができるようにしました。

壁に貼られたヤマネコパネル

10枚の展示パネルはツシマヤマネコの姿、現状、そして現在の保護活動について要点をまとめたものです。センターの展示内容を凝縮しました。

テーブルの上に置かれたヤマネコペーパークラフト

ツシマヤマネコのペーパークラフトコーナーです。
今回の人気コーナーになりました。子どもにも大人にも大人気です。

ペーパークラフトを作る親子

自分でも作ってみたい!と思われた方は、ホームページからも印刷できます。

[ツシマヤマネコ・ペーパークラフト]

丸テーブルのヤマネコハンココーナー

ツシマヤマネコのはんこコーナーも設置。
ヤマネコはんこは、センター職員・三谷のデザインです。

フン分析コーナー、足跡コーナーなどの様子

ツシマヤマネコのフン分析、対馬の動物の足跡コーナー、ヤマネコの声を聴くコーナー、ヤマネコの重さ体感コーナーも設置しました。

今回の絶滅危惧種展は、さまざまな方の協力を得て、たくさんの方に来場していただきました。
ツシマヤマネコを絶滅の危機から救うためには、みなさまの応援とご協力がなによりの励みになります。
今後ともツシマヤマネコと対馬野生生物保護センターをよろしくお願いします。