対馬野生生物保護センター

ホーム >> 報告書・資料・パンフレット >> 過去のセンター活動 >> センターの活動報告(2003年) >> 2003年5月の活動

2003年5月:センターの活動日誌・あれこれ

2003年5月の活動

台風の後・・・・

 投稿者:阿比留 投稿日:2003/06/01(日曜)14:20No.200

 またまた日誌おくれましたごめんなさい。昨日は午前中は、台風の影響もあり、小雨が降っていました来館者も少なく午後の「自然教室」の時間までに参加される方が見えるのか不安でしたが、20名ほど参加者があり無事に終わりました。今回私は聞くことができませんでしたが、講師の大和氏、お疲れ様でした。

今月予定として組んでいた金曜日の棹崎公園の巡視が、台風で回れませんでした。そこで昨日夕方から晴れましたので、台風が通りすぎた後でもあるし、巡視に回ることにしました。台風の後で木が倒れていないか、土砂崩れはないか心配しながら歩いていましたが、とくに何事もなく終わりホットしました。巡視も終わりセンターに返っている途中何気無くせせらぎ園地の池を覗いて見たら、ピンク色した可憐な蓮の花がさいていました。そのまわりには、たくさんのおたまじゃくしが、にぎやかに泳いでいます、センターに見えたら是非池を覗いて見てください「おたまじゃくし」に逢えるかも・・・・

あえて明るい話題・・

ヤマネ工房のリアルなカヤネズミとアカネズミ

 投稿者:山本 投稿日:2003/05/20(火曜)18:28No.190

ここのところ暗い話題が続きます。昨日も死体が発見されてしまったところです。(詳しくはツシマヤマネコニュース参照)ただ、あまりに暗い話題ばかりなので、この日記を読んでくださる方も気がめいってしまうのではないかと思い、あえて明るい話題を探してみました。

今、やまね工房のぬいぐるみ作家さんに、リアルなヤマネコとアカネズミ、カヤネズミ(ヤマネコの餌の紹介用)を作ってもらっています。これは、販売用のぬいぐるみではなくて、資料として展示をするためのものです。そのうち、ネズミたちのぬいぐるみが完成したとのことで、写真を送っていただきました。ほぼ実物大なので、特にカヤネズミは小さくて苦労したそうです。リアルでかわいいですよね。ヤマネコのぬいぐるみが完成するのが楽しみです。
ぬいぐるみのデビューは、新宿御苑で開催される予定の「絶滅危惧種展」です。その紹介は改めてどこかで。絶滅危惧種展終了後は、対馬の各地で移動ヤマネコ展を開催する予定なので、みなさまの目にも触れることになると思います。お楽しみに!

久しぶりに東京へ

 投稿者:三谷 投稿日:2003/05/02(金曜)23:35No.178

 先週末から、私の出向元である東京の(財)自然環境研究センターに行っていました。久しぶりの東京は、うろ覚えで、自分の職場に行く地下鉄乗り口で迷い、ヘコみました。

 さて、東京で何をしてたかというと、これまでのヤマネコ調査をどういう風にまとめて、今後どうしていくか、という打ち合わせでした。打ち合わせ、と言っても調査の打ち合わせなので、ちょっと話をすすめては、それはこういう資料がないと決められない、ということになり、翌日の打ち合わせまでの宿題になります。そして、またその資料をもとに話をすすめて、次にこのことを決めるには、あの集計をしないと決められないということになり、また宿題、の繰り返しです。という訳で、ず〜っとビルの中にいたのでした。それも東京らしいと言えば東京らしいのかも。

 さて、対馬に戻って来ると、皆さん日記に書いていらっしゃるように、ヒトツバタゴがさいていて、いつのまにか春を通り越して初夏の風情さえ感じられました。そして、いよいよバードウォッチングシーズン到来ですね。明日はちょっと早起きしてみようかな(自信ないけど)。