九州地方環境事務所

ここからメニュー ジャンプして本文へ

ここから本文 ジャンプしてメニューへ

TOPICS

九州地方環境事務所TOPICS>2010年度

【お知らせ】水と生物多様性フォーラムinくまもと(俳優中本賢氏講演会及び自然観察会募集のお知らせ)

2010.10.01 九州地方環境事務所

 九州地方環境事務所では、国際生物多様年に当たり、地域から水環境と生物多様性の恵みの重要性を考え、広く発信することを目的として、我が国でも有数の湧水都市である熊本市において、10月30日(土)に「水と生物多様性フォーラムinくまもと」を開催いたします。
 来る10月30日(土)11時から、江津湖畔の熊本市動植物園で開催されるフォーラムには、川の浄化活動、フィールドワーク活動に取り組んでいらっしゃる、俳優 中本賢氏を特別講師として迎え、水が育む生物の多様性とその素晴らしさについて、ご講演いただくとともに、午後には江津湖をフィールドとした自然観察会にも講師として参加いただきます。

1 開催主旨

 本年は国連が定めた「国際生物多様性年」に当たり、この10月には名古屋市で生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が開催されます。生物多様性を保全し持続可能な社会とするためには、水環境が重要な要素の一つとなります。熊本市地域は、「平成の名水百選」(平成20年選定)に選定された江津湖をはじめとする多くの湧水がある質の高い豊かな水環境を有しており、上水道のほとんどを地下水で賄う国内でも希少な地域です。また、江津湖は、希少種が生息する湖沼や湧水池の一つとして重要湿地(全国500箇所)にも選定される等、生物多様性を支える良質な陸水生態系及び都市生態系が形成されていると同時に市民の憩いの場としても親しまれています。
 これらのことから、当事務所では、この我が国有数の湧水都市熊本で水環境・生物多様性の保全の重要性を考え、発信するために「水と生物多様性フォーラムinくまもと」を開催いたします。
 同フォーラムでは、第1部として、映画「釣りバカ日誌」等の出演で有名な俳優の中本賢氏に自身の経験を踏まえ、水が育む生物の多様性とその素晴らしさについてご講演いただきます。また、同時に県水環境課、市水保全課及びNPO法人水と緑のいきものネットワークによる江津湖を含む熊本市地域の水環境保全活動について報告を行います。第2部では、中本氏が小学生の子ども達と一緒に江津湖周辺のに棲む水生生物の自然観察会を行い、江津湖の生物多様性の豊富さを体感することにしています。

2 主催・共催等

主催:

 環境省 九州地方環境事務所

共催:

 熊本県、熊本市

企画運営:

 九州環境パートナーシップオフィス(EPO九州)

3 開催日時・会場

・第1部:水と生物多様性フォーラムinくまもと

日時:
平成22年10月30日(土)11時(10時30分開場)〜12時30分(予定)
会場:
熊本市動植物園 動物資料館 レクチャールーム

・第2部:自然観察会

日時:
平成22年10月30日(土)13時30分(受付)〜16時(解散予定)
集合:
市環境フェア(熊本市動植物園内)九州地方環境事務所ブース前

4 参加申込について

 参加を希望される方は、事前に申込みが必要です。参加費は無料ですが、市動植物園に入園する際は入園料が必要となります(小中学生は入園料無料)。

・第1部:
水と生物多様性フォーラムin熊本(募集定員120人 先着順)
・第2部:
自然観察会(募集定員20人 小学生3年生から6年生まで。応募者多数の場合は抽選)

 別添資料の参加申込用紙に必要事項を記入して、九州環境パートナーシップオフィス(EPO九州)までご連絡ください。なお、お知らせいただいた個人情報につきましては、フォーラムに関連した事務にのみ使用させていただきます。

5 募集期間

 10月5日(火)から10月22日(金)まで

6 問い合わせ・申込先

 九州環境パートナーシップオフィス(EPO九州)
 〒860-0806 熊本市花畑町4−8 熊本市国際交流会館2階
 TEL:096-312-1884 FAX:096-312-1894 E-mail:info@epo-kyushu.jp

7 注意事項

 市動植物園へは最寄りの公共交通機関をご利用の上、御参加願います。

8 別添資料

 別添 [PDF 524KB]