九州地方環境事務所

ここからメニュー ジャンプして本文へ

ここから本文 ジャンプしてメニューへ

TOPICS

九州地方環境事務所TOPICS>2010年度

【お知らせ】「枇榔島」国指定鳥獣保護区記念シンポジウムの開催について

2011.02.03 九州地方環境事務所

 宮崎県門川町にある枇榔島及び小枇榔が、平成22年11月、国指定枇榔島鳥獣保護区に指定されました。同島は、カンムリウミスズメの国内最大規模の繁殖地であり、同時にオオミズナギドリ、アナドリなど海鳥のほかカラスバトなどの生息地としても重要な島です。枇榔島が国指定鳥獣保護区に指定されたことを記念し、今後の同島における野鳥の一層の保護と地域との共生をテーマにしたシンポジウムを開催します。

1.名称

 「枇榔島」国指定鳥獣保護区記念シンポジウム

2.主催

 環境省九州地方環境事務所

3.共催

 (財)日本野鳥の会

4.後援

 宮崎県、門川町、NHK宮崎放送局

5.概要

1)開催日時

 平成23年2月5日(土)13:00〜16:40(開場12:00)

2)場所

 門川町総合文化会館 大ホール 入場無料

3)プログラム

記念講演
日本野鳥の会会長 柳生 博:「野鳥と子供たち」
記念上映
NHK:
「ダーウィンが来た 絶壁落下!ヒナの大冒険」
上映および番組制作担当者によるお話
基調講演
宮崎大学フロンティア科学実験総合センター
中村 豊:「枇榔島のカンムリウミスズメ」
パネルディスカッション
「枇榔島の海鳥保護と地域の共生」
コーディネーター:九州地方環境事務所長 神田 修二
パネリスト
柳生 博
(財)日本野鳥の会会長
中村 豊
宮崎大学フロンティア科学実験総合センター
田ノ上 久美子
宮崎大学教育文化学部附属小学校教諭
亀澤 玲治
環境省自然環境局野生生物課長
白川 裕之
NHK制作局 科学・環境番組部

6.開催案内チラシ[PDF 431KB]