報道発表資料

2019年05月29日

福岡市動物園におけるツシマヤマネコの死亡について【5月29日】

環境省では、絶滅危惧種のツシマヤマネコの保護を図るため、(公社)日本動物園水族館協会の協力を得て、国内の計8施設において飼育下繁殖事業を実施しています。 5月28日(火)に福岡市動物園で飼育していたツシマヤマネコ幼獣(No.90、メス、同年4月15日生まれ1ヶ月齢)が死亡したのでお知らせします。

1.経緯等

本個体は、2019年4月15日に福岡市動物園で生まれた3頭のうちの1頭です。出産後、母ネコ及び子ネコの体調は良好であり、死亡する直前まで、他の子ネコ同様に動く姿が観察されていました。しかしながら、2019年5月28日(火)午後9時18分に完全に動きが止まり、その後死亡していたことが確認されました。

2.死亡個体の概要

本個体は、2019年4月15日に福岡市動物園でNo.60(オス)とNo.74(メス)の間に生まれた3頭の子ヤマネコのうちの1頭です。

3.死因

検査機関に病理解剖を依頼する予定。

添付資料

■ 問い合わせ先
環境省
・九州地方環境事務所野生生物課
 課長      鑪 雅哉
・対馬自然保護官事務所
(対馬野生生物保護センター)
 上席自然保護官 山本 以智人
・対馬自然保護官事務所厳原事務室 
 自然保護官   永野 雄大
 TEL:0920-57-0101
(公社)日本動物園水族館協会
 会長     福田 豊
・生物多様性委員会
 委員長    佐藤 哲也
  • アクティブレンジャー日記 九州地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
地球温暖化に関する九州カンファレンス(リンク)
九州地域エネルギー・温暖化対策推進会議(リンク)
阿蘇草原再生プロジェクト(リンク)
エコアクション21(リンク)
EPO九州(リンク)
九州自然歩道ポータル(リンク)
ページ先頭へ