報道発表資料

2016年03月24日

報道発表:霧島錦江湾国立公園佐多岬園地園路整備(休憩広場~展望台建設予定地)工事完了について(お知らせ)

九州地方環境事務所では、佐多地域の自然や景観の特徴を活かしつつ、高齢者や訪日外国人の利用にも配慮した施設とすべく鹿児島県、南大隅町とも連携協力し、佐多岬園地の整備を進めることとし、本年度より工事に着手し、平成30年の工事完成を目指して事業を実施しております。 この度、休憩広場から展望台建設予定地までの区間の園路が完成し、3月24日より通行できるようになりましたので、お知らせいたします。

1.工事名

  平成27年度佐多岬園地9号園路等整備工事

2.工事箇所

  鹿児島県肝属郡南大隅町佐多馬籠(参考資料 整備計画図 参照)

3.工事概要

  園 路:延長182m (休憩広場から展望台建設予定地)

      高架式木道(165m)

       床板:スギ材(南大隅町産)  手摺り:スギ材(南大隅町産ほか)

       支柱:ガラス繊維強化プラスチック製

       勾配:15%

      高架式木道以外は砂利敷(次年度以降に舗装予定)

  展望台:敷地造成約230㎡

4.工事業者

  株式会社矢崎組(肝属郡錦江町)

5.工事費

  約110,000千円

6.利用情報

  ○佐多岬園地の園路のうち、トンネル (旧第二岩崎隧道 )から展望台建設予定地までの区間は、車椅子(介助者付きに限る)が通行できる勾配(15%)に順次改良を実施していきます。

  ○今回整備した箇所に至る園路については、最大勾配が22%となっています。その為、全区間の改良が完了するまでの間は、車椅子の方のご利用はお控えください

   ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

  ○今回整備した休憩広場から展望台建設予定地区間は高架式のつづら折り形状の木道になっており、視点を変えながら太平洋を始め周辺の照葉樹林、枇榔島、開聞岳などを遠望しながら展望台建設予定地まで到達することができます。

7.参考情報

(お知らせ)霧島錦江湾国立公園佐多岬園地整備事業について

(平成27年10月23日発表)

 http://kyushu.env.go.jp/to_2015/post_33.html

添付資料

■ 問い合わせ先
環境省九州地方環境事務所
   自然環境整備課  課長  杉田高行
            担当  田畑克彦
(電話:096-322-2412、FAX:096-322-2447)
   鹿児島自然保護官事務所
         自然保護官  新村 靖
(電話:099-213-1811 FAX:099-251-2145)
  • アクティブレンジャー日記 九州地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
地球温暖化に関する九州カンファレンス(リンク)
九州地域エネルギー・温暖化対策推進会議(リンク)
阿蘇草原再生プロジェクト(リンク)
エコアクション21(リンク)
EPO九州(リンク)
九州自然歩道ポータル(リンク)
ページ先頭へ