報道発表資料

2014年07月31日

報道発表:平成26年度 自然に親しむ運動月間行事「霧島地域国立公園指定80周年記念・新燃岳噴火の影響を感じるツアー~炭化木を見に行こう~」の開催について(参加者募集) 

環境省 九州地方環境事務所
国立公園・保全整備課長 北橋義明
えびの自然保護官事務所 松本晃
宮崎県えびの市末永1495-5
TEL:0984-33-1108 FAX;0984-33-61600

 環境省では、毎年7月21日から8月20日までを「自然に親しむ運動」月間とし、全国の自然公園、景勝地、休養地及び身近な自然地域において、自然に親しむ各種行事を行っています。この運動は自然に親しむことを通じ、自然に対する理解を深め、自然環境の適正な利用を推進するとともに、自然を大切にする心を育むことを目的としたものです。  今回は霧島錦江湾国立公園の霧島地域におきまして「霧島地域国立公園指定80周年記念・新燃岳噴火の影響を感じるツアー ~炭化木を見に行こう~」を実施しますので、ぜひご参加ください。

1 名称

平成26年度 自然に親しむ運動月間行事
「霧島地域国立公園指定80周年記念・新燃岳噴火の影響を感じるツアー ~炭化木を見に行こう~」

2 実施機関

主催:
九州地方環境事務所
共催:
(一財)自然公園財団高千穂河原支部
協力:
霧島地区パークボランティア(高千穂河原地区)

3 概要

1)開催日時:
平成26年8月9日(土) 9:30~15:00(9:10受付開始)
2)集合場所:
高千穂河原ビジターセンター前
3)定員:
20名(定員になり次第締め切ります)
4)参加費:
1人300円(保険料等)
5)持ち物:
雨具、昼食、行動食(お菓子等)、飲み物、筆記用具、歩きやすい服装と靴、常備薬等
6)申込方法:
事前に電話で下記へお申し込み下さい。(8月5日(火)応募締め切り)
高千穂河原ビジターセンター TEL0995-57-2505 (9:00~17:00 年中無休)
7)備考:
少雨の場合決行しますが、荒天の場合は中止とし、電話でご連絡します。
また新燃岳の活動状況について事前に確認し、危険がある場合には安全を優先して中止/変更します。

(記録写真の使用について)
今回のプログラム中に撮影した写真をホームページやパンフレット等に使用させていただく場合があります。
(個人情報の取り扱いについて)
参加申し込みの際にいただいた個人情報につきましては本行事のみに使用いたします。
  • アクティブレンジャー日記 九州地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
地球温暖化に関する九州カンファレンス(リンク)
九州地域エネルギー・温暖化対策推進会議(リンク)
阿蘇草原再生プロジェクト(リンク)
エコアクション21(リンク)
EPO九州(リンク)
九州自然歩道ポータル(リンク)
ページ先頭へ