九州地方環境事務所

ここからメニュー ジャンプして本文へ

ここから本文 ジャンプしてメニューへ

報道発表資料

九州地方環境事務所報道発表資料>2010年度

【お知らせ】屋久島永田浜ウミガメ観察ルール2011の策定について

2011.03.25 九州地方環境事務所

 永田浜ウミガメ保全協議会(事務局:環境省屋久島自然保護官事務所)は、ウミガメの産卵ふ化環境の保全と適正な利用の両立を図るため、平成23年5月1日から同年8月31日までを適用期間とする「永田浜ウミガメ観察ルール2011」を策定しましたので、お知らせします。

1.永田浜ウミガメ観察ルール2011について

(1)ルールの概要

昨年度の永田浜ウミガメ観察ルール2010からの変更はない。
1)
適用場所:永田浜(いなか浜、前浜、四ツ瀬浜)
2)
適用期間・時間:5月1日〜8月31日 19:30〜翌朝5:00
3)
適用対象者:永田浜を訪れる全ての方
4)
主なルールの内容
期間中、永田浜に立ち入り、ウミガメを観察する方は、次のルールを守ること。
〔1〕5月1日〜5月14日
 浜には立ち入らないこと。
〔2〕5月15日〜7月31日
永田ウミガメ連絡協議会が開催する観察会(20:30〜23:00、定員80名、予約制)に必ず参加すること。
【観察会予約受付期間】4/1〜7/31 13:00〜17:00
問い合わせ先:永田ウミガメ連絡協議会(事務局)
URL:
http://umigame.refire.jp
TEL:
090-8768-4281
〔3〕8月1日〜8月31日
 特定非営利活動法人屋久島うみがめ館の「夜間臨時開館」の実施状況について、永田浜ウミガメ保全協議会(事務局:屋久島自然保護官事務所 TEL:0997-46-2992)へ問い合わせること。

 また、ウミガメ保護柵内に立ち入らないこと、焚き火・キャンプの禁止や、ウミガメ観察時に守るべき事項として、光を使用しない、カメラやビデオ撮影は行わない等の守るべき10のルール、及び報道関係者や研究者などの対象者別ルールがある(参考資料参照)。

2.問い合わせ先

 九州地方環境事務所屋久島自然保護官事務所(担当 森) 電話0997-46-2992

3.添付資料

永田浜ウミガメ観察ルール2011 [PDF 456KB]

4.参考ホームページ

屋久島世界遺産センター http://www.env.go.jp/park/kirishima/ywhcc/
永田浜ウミガメ保全協議会
http://www.env.go.jp/park/kirishima/ywhcc/np/umigame.htm
永田浜ウミガメ観察ルール2011
http://www.env.go.jp/park/kirishima/ywhcc/np/urule.htm

参考1.永田浜ウミガメ保全協議会

(1)概要

 平成21年3月に策定された「永田浜ウミガメ観察ルール」の適用状況を確認するとともに、必要に応じて見直しを行うことにより、ウミガメの保護とその産卵・ふ化環境の保全を図り、適正な利用のあり方を継続的に検討することを目的とし、平成21年12月に設置された組織。

(2)構成団体

地域関係団体
永田ウミガメ連絡協議会
特定非営利活動法人屋久島うみがめ館
社団法人屋久島観光協会
財団法人屋久島環境文化財団
関係行政機関
鹿児島県環境林務部自然保護課
鹿児島県熊毛支庁屋久島事務所
屋久島町環境政策課
九州地方環境事務所屋久島自然保護官事務所(事務局)

参考2.平成22年度における実施状況と課題

 永田浜ウミガメ観察ルールが策定されて2年目となり、フラッシュ撮影を行う等の不適切な利用が昨年度の27回から今年度の8回まで大幅に減少した。
 永田浜ウミガメ観察ルールの適用期間(当初:5月15日から8月31日まで)を見直し、5月1日から5月14日までの14日間を追加した結果、当該期間における永田浜への立ち入りが大幅に減少した。
 同ルールの適用時間を明確に設定した結果、明け方にウミガメ観察に訪れる人への説明が容易になった。