九州地方環境事務所

ここからメニュー ジャンプして本文へ

ここから本文 ジャンプしてメニューへ

報道発表資料

九州地方環境事務所報道発表資料>2010年度

【お知らせ】平成22年度 江津湖 くまもと湧水デジタル写真コンクールの募集開始

2011.01.19 九州地方環境事務所

 九州地方環境事務所では、地域から水環境と生物多様性の恵みの重要性を考え、広く発信することを目的として、我が国でも有数の湧水都市である熊本市のシンボル江津湖をテーマに、「平成22年度江津湖くまもと湧水デジタル写真コンクール」を開催いたします。
 応募は、一般のデジタル写真のほか、携帯電話で撮影された写真でも応募可能です。
 平成23年1月20日(木)から3月11日(金)までを募集期間とします。

1 開催主旨

 熊本市地域は、「平成の名水百選」(平成20年選定)に選定された江津湖をはじめとする多くの湧水がある質の高い豊かな水環境を有しており、上水道のほとんどを地下水で賄う国内でも希少な地域です。また、江津湖は、希少種が生息する湖沼や湧水池の一つとして重要湿地(全国500箇所)にも選定される等、生物多様性を支える良質な陸水生態系及び都市生態系が形成されています。このように江津湖はとりわけ素晴らしい生態系と豊かな水資源を有していながら、市民の憩いの場としても子供からお年寄りまで広く親しまれています。この親しみと愛着のある自然は、今の私たちの財産であると同時に未来の人達の財産でもあります。この素晴らしい財産をもっとより良い状態にして未来へつなげていくことが私たちの務めですが、今の江津湖の素晴らしさも後世に伝えることも同じく重要なことと考えております。
 そこで今回、「江津湖の今」を記録する端緒として「平成22年度江津湖くまもと湧水デジタル写真コンクール」を開催することにいたしました。また、市民が江津湖とその周辺の自然を対象にした写真を撮影することで、郷土の自然をもう一度、見直す「気づき」の効果も目的の一つとしています。なお、応募に使用する写真はデジタル写真となりますが、一般のデジタル写真機だけではなく、携帯電話で撮影された写真も募集対象といたします。
 入賞者は、4月23日(土)に開催される「アースウィークくまもと2011」の開会イベントで表彰式を行い、入選作品は同イベント内で掲示されるほか、九州地方環境事務所のホームページ、広報、環境関連イベント出展等の各種広報媒体で公開、掲載されていくこととなります。

2 主催・共催等

主催

 環境省 九州地方環境事務所

共催

 熊本県、熊本市

後援

 熊本日日新聞社

特別協力

 富士フィルム九州株式会社

企画運営

 九州環境パートナーシップオフィス(EPO九州)

3 応募資格、募集テーマ等

応募資格

 年齢、プロ・アマ等の制限なし

応募部門

 デシタル写真部門(一般の部・ジュニアの部(高校生以下))、携帯写真部門(区分なし)

募集テーマ

 「後世に残したい江津湖」
 江津湖とその周辺で撮影された写真のうち、あなたが後世に残したいと思う自然や生き物

※ 詳細については、別紙募集要項参照

4 表彰について

 デシタル写真部門(一般の部・ジュニアの部(高校生以下))、携帯写真の部門(区分なし)共に入賞(2点以内)、入選(3点以内)を選考し表彰します。また、受賞作品のうち、特に優れた作品に対して審査委員長賞、熊本県賞、熊本市賞及び九州地方環境事務所長賞を選考します(各賞1点)。入賞作品には賞状及び副賞(記念品)を授与します(詳細は別紙チラシを参照)。表彰式は4月23日(土)に開催されます「アースウィークくまもと2011」の開会イベントの中で行う予定です。

5 審査委員

委員長

 長野良市(写真家)

委員

 漆原一宣(崇城大学芸術学部学部長)、歌岡宏信(NPO法人水と緑いきものネットワークくまもと理事長)、桑原英彰(熊本日日新聞社くらし情報部長)、駒崎照雄(熊本県環境生活部長)、原本靖久(熊本市環境保全局長)、神田修二(九州地方環境事務所長(オブザーバー))

6 応募について

応募は無料ですが、応募に関する経費は自己負担となります。
応募作品の著作権は主催者に帰属し、入賞作品については広報等の各種活動に無償で使用できるものとします。また、著作権等応募作品に関する権利義務の処理は、全て応募者が事前に処理することとなります。
応募される方は、別紙資料の募集要項に従い、九州環境パートナーシップオフィス(EPO九州)まで郵送または電子メールにて応募ください。なお、お知らせいただいた個人情報につきましては、写真コンクールに関連した事務にのみ使用させていただきます。

7 募集期間

 平成23年1月20日(木)から3月11日(金)まで(必着)

8 問い合わせ・応募先

 九州環境パートナーシップオフィス(EPO九州)
 〒860-0806 熊本市花畑町4−8 熊本市国際交流会館2階
 TEL:096-312-1884 FAX:096-312-1894 E-mail:photo@epo-kyushu.jp

9 別紙資料

 募集チラシ[PDF 609KB]
 募集要項[PDF 135KB]