九州地方環境事務所

ここからメニュー ジャンプして本文へ

ここから本文 ジャンプしてメニューへ

報道発表資料

九州地方環境事務所報道発表資料>2010年度

【お知らせ】「EPO九州 環境政策セミナー2011 in沖縄」 〜温暖化の影響と生物多様性〜の開催について

2011.01.13 九州地方環境事務所

 九州地方環境事務所(那覇自然環境事務所)では、「EPO九州 環境政策セミナー2011 in沖縄」を1月27日(木)に沖縄県市町村自治会館で開催します。
 地球温暖化の影響は世界中で様々な影響が現れており、我が国でも様々な報告がなされています。また、昨年10月に開催された生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)では気候変動と生物多様性についても議論されました。
 本セミナーでは、サンゴの白化現象や生物分布域の変化など九州・沖縄地方で現れている地球温暖化の影響ではないかと考えられる自然環境変化や地球温暖化に対する対策について現状報告やパネルディスカッションを行い、地球温暖化の影響や生物多様性の保全について市民の皆様とともに考えていきます。

1.開催主旨

 地球温暖化の影響により世界中で様々な影響が現れています。我が国も例外ではなく、昨年度、環境省から日本の温暖化影響に関する検討結果が公表され、地域ごとに異なった影響が現れることが明らかとなりました。
 また、昨年10月に開催された生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)では気候変動と生物多様性についても議論されたところです。
 従来、温暖な九州・沖縄地方でも、サンゴの白化現象や生物分布域変化など、温暖化の影響ではないかと考えられる生物面の変化が現れています。本セミナーでは、温暖化が進む中でどのように生物多様性を守っていくことができるのかについて、現状報告やパネルディスカッションを通して市民や企業等に情報発信し、問題意識を持ってもらうことを目的としています。

2 主催等

主催:

 環境省 九州地方環境事務所(那覇自然環境事務所)

後援:

 沖縄県、那覇市、琉球新報社、沖縄タイムス社

実施主体:

 九州環境パートナーシップオフィス(EPO九州)

3 対象者及び募集人数

 市民、教育機関関係者、学生、環境NPO/NGO団体職員、企業、行政機関等
 約80名

予約優先となっておりますので、別紙にてお申込みをお願いします。

4 開催日時

 平成23年1月27日(木)14時〜16時(13時30分より受付)

5 場所

 沖縄県市町村自治会館 自治会館ホール(2階)
 沖縄県那覇市旭町116-37 TEL:098-862-8181

駐車場が限られるため、公共交通機関の利用をお願い致します。

6 参加費用

 無料

7 開催日程

13:30〜
受付開始
14:00
開会・挨拶 那覇自然環境事務所
14:05
九州・沖縄地方の地球温暖化影響・適応策の検討について
 九州地方環境事務所 環境対策課
14:15
講演 「サンゴは海のカナリア −サンゴ礁が伝える環境変化−」
 山崎秀雄氏 (琉球大学理学部教授)
14:50
パネルディスカッション(質疑応答含む)
司会
山崎秀雄氏(琉球大学理学部教授)
パネリスト(順不同)
堤純一郎氏(琉球大学工学部教授)
キャサリン・ミュージック氏(環境教育・海洋学者)
山城正邦氏(沖縄野鳥の会会長)
案納昭則氏(水中写真家・沖縄ダイビング安全対策協議会)
奥田直久(那覇自然環境事務所長)
16:00
閉会

8 問い合わせ・申込み先

九州環境パートナーシップオフィス(EPO九州)
〒860-0806 熊本市花畑町4−8 熊本市国際交流会館2階
TEL:096-312-1884 FAX:096-312-1894(受付時間 10:00〜19:00 日、月曜日定休)
E-mail:info@epo-kyushu.jp
締切:1月25日(火)必着

9 別添資料

 チラシ [PDF 332KB]