九州地方環境事務所

ここからメニュー ジャンプして本文へ

ここから本文 ジャンプしてメニューへ

報道発表資料

九州地方環境事務所報道発表資料>2008年度

【お知らせ】「平成20年度 容器包装3R推進環境大臣賞」の決定について

2008.12.19 九州地方環境事務所

 環境省では、容器包装廃棄物の3R推進に資する活動の奨励・普及を図るため、平成18年度に「容器包装3R推進環境大臣賞」を設け、平成18年度、平成19年度と表彰を行いました。本年度も引き続き、7月1日(火)〜8月29日(金)まで一般募集を行ったところ、合計30件(地域の連携・協働部門11件、小売店部門8件、製品部門11件)の御応募をいただきました。
 「平成20年度 容器包装3R推進環境大臣賞 審査委員会」(委員長:安井至国際連合大学名誉副学長・東京大学名誉教授)において審査した結果に基づき、環境大臣が各部門の最優秀賞、優秀賞、奨励賞を決定しましたのでお知らせします。
 九州地方では、鹿児島県大崎町が奨励賞を受賞しました。
 各部門の最優秀賞受賞団体に対しては、環境省が平成21年1月15日(木)に東京都内で主催する「容器包装3R推進全国大会」において、表彰状を授与する予定です。

1.受賞団体及びその取組概要と受賞理由

<奨励賞>

 鹿児島県大崎町

(取組名)

 ごみの分別28 品目「スーパーエコタウン大崎町」3R 推進運動

(取組概要)

 埋立処分場の延命化を図るため、埋立ごみを資源化する発想で取組を開始。 取組内容は、[1]28 品目の資源ごみの分別、[2]菜の花エコプロジェクト、[3]子どもたちの環境学習を実施するなど。
 その結果、埋立てごみが約85%減少し、平成19 年度環境省「一般廃棄物処理事業実態調査」によるリサイクル率は80%で全国第1位を達成。菜の花エコプロジェクトにより、廃食油、生ごみのリサイクルを通じて地域内資源循環、地産池消を推進。
 今後、更なる埋立てごみの減量化によるリサイクル率の向上、ゼロミッションを目指し、次世代の子供達に継承する。

(受賞理由)

◎容器包装の3R推進に限らず、埋立ごみを85%削減させた実績は、地域住民が参加した、家庭ごみ削減に係る優れた取組事例として高く評価できる。
◎平成19年度環境省「一般廃棄物処理事業実態調査」においてリサイクル率80%と全国第1位となっており、今後とも他の地方自治体の目標として、一層の取組を期待する。

2.環境大臣賞の授与式の開催

 鹿児島県大崎町への奨励賞の授与式を後日行うこととしております。詳細につきましては別途お知らせします。
 お、他の受賞団体につきましては、(本省発表資料をご参照ください。

3.お問い合わせ先

九州地方環境事務所
廃棄物・リサイクル対策課
TEL:096-214-0328
担当:鈴木・竹田