九州地方環境事務所

ここからメニュー ジャンプして本文へ

ここから本文 ジャンプしてメニューへ

報道発表資料

九州地方環境事務所報道発表資料>2008年度

【募集】平成20年度自然に親しむ運動
くじゅう地区「探鳥会」及び「みんなで描こうくじゅうの自然」参加者募集について

2008.07.23 九州地方環境事務所

 環境省では毎年7月21日から8月20日までを「自然に親しむ運動」期間とし、「全国の自然公園、景勝地、休養地及び身近な自然地域において自然に親しむための行事を通じ、自然に対する理解を深め、自然環境の適正利用の普及を推進するとともに、自然を大切にする心を育む。」という趣旨の下で、各種行事を開催しています。
 今回、くじゅう地域ではその一環として下記の通り「探鳥会」及び「みんなで描こうくじゅうの自然」を開催します。「探鳥会」では鳥に詳しいパークボランティアの方々と一緒にタデ原の自然研究路において早朝・夕方に鳥の観察を行います。「みんなで描こうくじゅうの自然」では、タデ原周辺の自然観察を行った後に心に残ったくじゅうの自然風景を描くことで自然と親しんでもらうイベントです。

1.主催

2.開催概要

【1】探鳥会

(1)開催日:
平成20年7月27日(日)  6:30〜 7:30
8月 9日(土) 17:30〜18:30
(2)集合場所:
長者原ビジターセンター前
(3)参加費:
100円(保険代)
(4)参加者が用意するもの:
筆記用具、歩きやすい服装・靴・帽子等
(5)定員:
各10名程度

【2】みんなで描こうくじゅうの自然

(1)開催日:
平成20年8月23日(土)  9:00〜12:30
(2)集合場所:
長者原ビジターセンター前
(3)参加費:
100円(保険代)
(4)参加者が用意するもの:
筆記用具、歩きやすい服装・靴・帽子、絵の具等絵を描く道具
※絵を描く道具についてはこちらでも用意しますが、数に限りがございますので各自ご用意下さい。
絵を描く用紙についてはこちらで準備いたします。
(画用紙・葉書・しおりなど)
(5)定員:
30名程度

※【1】【2】ともに悪天候の場合は中止します。

3.タデ原湿原について

 長者原ビジターセンターの前にあるタデ原湿原は、平成17年に特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約である「ラムサール条約」に登録された湿地です。
 毎年野焼きを行っている所でもあり、7月・8月になるとヒゴタイやサワギキョウなど夏の湿原の花々が開花します。また、早朝・夕方にはセッカやモズやホオジロなど様々な種類の鳥の姿や鳴き声を観察することができます。

4.申込み・問い合わせ先

 事前に電話にてお申し込みください。当日参加も受け付けます。