九州地方環境事務所

ここからメニュー ジャンプして本文へ

ここから本文 ジャンプしてメニューへ

報道発表資料

九州地方環境事務所報道発表資料>2008年度

【募集】「平成20年版環境・循環型社会白書を読む会」の開催及び参加者募集のお知らせ

2008.06.13 九州地方環境事務所

 「平成20年版環境・循環型社会白書」は、6月3日(火)に閣議決定され、国会に提出されたところです。

 今回は、「低炭素社会の構築に向け転換期を迎えた世界と我が国の取組」及び「循環型社会の構築に向け転換期を迎えた世界と我が国の取組」をテーマとしています。

 環境省では、白書の内容を広く国民に知っていただき、一人ひとりに暮らしの中から環境保全及び循環型社会形成への取組意識を持っていただくため、全国9箇所で「白書を読む会」(白書説明会)を開催します(参加無料)。九州地域では、宮崎市において開催することとしましたので、お知らせいたします。

1.開催日時・会場

 平成20年7月8日(火)14時00分〜16時00分
 第1宮銀ビル 8F大会議室 宮崎市橘通1丁目7番4号

2.内容

 白書総説の内容を中心に、テーマやねらいなどを執筆担当者が直接説明し、会場参加者と質疑応答を行います。

3.参加申込について

 参加を希望される方は、事前に申込みが必要です。
 申込用紙または葉書等に、(1)職業(所属)(2)氏名(年齢)(3)住所(4)連絡先電話番号(FAX番号、メールアドレス)を記入し、「『白書を読む会』参加希望」と記入のうえ、下記申込先へ郵便・FAX・電子メールいずれかの方法でお送りください。

○申込締切 7月3日(木)必着
○募集定員 200名(先着順)
○参加費  無料

 なお、参加希望者が定員を超えた場合には、参加いただけない方に事務局からその旨ご連絡いたします。また、お知らせいただいた個人情報につきましては、「白書を読む会」に関連した事務にのみ使用させていただき、使用後も厳重に管理いたします。

4.参考資料

(1) 「図で見る環境・循環型社会白書」及びこども向け冊子の作成・配布

 白書の内容を広く国民に普及させ、環境保全や循環型社会の形成に関する意識の啓発を図ることを目的に、白書の公表に合わせ、その内容について図表を中心に分かりやすく要約し、多くの人々に親しんでいただけるよう編集した「図で見る環境・循環型社会白書」を作成しました。
 とりわけ、次代を担う青少年に対しては、普及啓発を重点的に行う必要があると考え、「図で見る環境・循環型社会白書」を都道府県等の教育委員会を通じ全国の中学校及び高等学校に配布します。
 また、小・中学生向けに、白書の内容をさらにやさしく説明した冊子も今後作成し、全国の小・中学校に配布する予定です。

(2) 白書の入手方法

 
*1 電子媒体の掲載 :
環境省のホームページ(http://www.env.go.jp/policy/hakusyo/)において「平成20年版環境・循環型社会白書」、「平成20年版図で見る環境・循環型社会白書」等を追って掲載する予定です。
*2 こども向けの白書については、作成次第、別途記者発表を行う予定です。
*3 その他のお問い合わせ :
日経印刷(株)(営業部)までお電話ください。
(電話03-3263-0583)

5.注意事項

 会場には駐車場がありませんので、最寄りの交通機関をご利用のうえ参加願います。

6.「白書を読む会」申込・問い合わせ先

九州地方環境事務所 環境対策課
(担当)白迫 正志・足立 晃
〒862−0913 熊本県熊本市尾ノ上1−6−22
電話:096−214−0332 FAX:096−214−0349
E-mail:REO-KYUSHU@env.go.jp